Youtubeに初めて動画投稿!初心者でも出来るチャンネル解説から投稿まで手順解説【2019年】

Youtubeに初めて動画投稿!初心者でも出来るチャンネル解説から投稿まで手順解説【2019年】

こんにちはLibertaの藤岡(@liberta_corp)です。

先日このような動画を作成して、YouTubeにアップしてみました。

「YouTubeって広告効果すごくて良いらしい」

というのは何となくわかっていても「顔出し」のリスクや「動画作成のコスト」を考えると中々手が出しにくいですよね。出来るだけコストをかけずに、顔を出さずに出来る方法で考えて作成してみました。

作成ツールの記事もまとめて記事化予定ですが、

今回はチャンネルの開設と投稿の手順をご紹介します。

 

チャンネルを開設する

Googleのアカウントにログインしていれば、YouTubeのアカウントは既に開設されています。そのまま投稿しても良いのですが、個人のチャンネルが分かってしまうので、視聴用と配信用のチャンネルは分けた方が良いでしょう。

 

設定画面を開く

左側のカラムの下の方に設定ボタンがあるので[設定⇒新しいチャンネルを作成]とクリックします。

 

ブランドアカウント名を決める

ブランドのアカウント名を設定します。店の名前やサイト、会社、屋号など好きな名前で設定しましょう。

 

ブランドアカウント名を設定するとこのような画面になり、以上でチャンネル開設は完了です。

本来ならアカウントの写真やプロフィールの作成などを行いますが、ひとまずアップロードの方法をご紹介しますね。

 

動画をアップロードする

アップロード画面では動画ファイルを参照 or ドロップすることで動画のアップロードが出来ます。

 

タイトルと動画の詳細を書く

アップロードが完了するとタイトルと動画の詳細を記入する画面に切り替わります。アイキャッチのサムネイルを設定する場合はこの画面で設定が可能です。

 

公開する

あとは公開ボタンをクリックすれば完成です。公開範囲を非公開やURLの限定公開なども選べますので、何度かテスト投稿したほうが良いでしょう。

 

動画ニーズはまだまだ上がり続ける

テキストベースのウェブサイトが無くなることはありませんが、企業の広告費予算はテキストから動画広告へと切り替わっています。

もしまだ動画コンテンツを作る予定がなくても、[チャンネル開設⇒アップロード]の手順は覚えておいた方が良いでしょう。興味のある方はぜひトライしてみてください。

この記事が参考になれば幸いです。