超カンタン!初心者でも稼げるWebライティングの書き方

超カンタン!初心者でも稼げるWebライティングの書き方

Webライティングで収入を得るには、アクセス数を出来るだけたくさん稼ぐことが最重要ですよね。

しかし、ライティングは誰でも簡単に参入することが出来る反面、基礎の部分を理解せずに初めてもなかなかPV数を稼ぐことができません。

この記事では、初心者でも稼げるライティング方法をご紹介いたします。

稼げるWebライティングの基礎

ライティングした記事のPV数を上げるためには、検索上位に表示させる「SEO対策」が不可欠です。

SEO対策とはGoogleなどの検索エンジンのアルゴリズムを理解し、競合するサイトよりも上位に表示させることを言います。

※SEO対策について詳しいことはこちらの記事で説明しています。

SEO対策って?わかりやすい解説ポイント3つ

 

では、具体的に検索上位にするためのライティングの手順はどのようなものなのでしょうか。

狙うキーワードを決める

「キーワード」とはGoogleなどの検索エンジンで使用されている単語のことです。

もし自分が書いた記事が、知りたい人のいない弱いキーワードだと、どんなに頑張って記事をライティングしてもPV数があがりません。

そのため、強いキーワードを探すことが重要です。

キーワードの重要性

キーワード選定は非常に大事で、ここで記事のパフォーマンスが決まるといっても過言ではありません。

例えば「喫茶店」というキーワードを狙う場合だと検索範囲が大きすぎるため、なかなか自分の記事を上位にあげることができないのです。

ではどのように決めるのがよいのでしょうか。

関連キーワードを探る

関連キーワードとは「喫茶店 深夜」などのように、検索エンジンでサジェストされるキーワードのことです。
良く読まれている関連キーワードの中から、自分が情報発信できるものを探し、記事を作成することになります。

また関連キーワードは下記の無料ツールを利用するなどして探すことが可能です。

関連キーワード取得ツール

http://www.related-keywords.com/

このようなツールを利用するなどして「知りたい人がいる」記事を書くことが最重要です。

稼げるWebライティングの目次

読者はキーワードを検索しあなたの記事を読みにやってきます。

そして実際に記事にアクセスした人が最後まで読んでくれるかどうかは「目次の作成方法にかかっている」といえるでしょう。

読者目線になり、キーワードに沿った目次の作成

まず狙うキーワードに沿った目次を作成します。

読者はキーワードを検索して記事にアクセスしてきたので、そのキーワードから予想される読者の「悩み」を想定します。

キーワード「喫茶店」の例

「喫茶店 深夜」 
⇒ 「終電をなくしたから深夜にやっている喫茶店が知りたい。飲みすぎたから始発まで時間をつぶせて駅から近いところが知りたいなぁ」

「喫茶店 コンセント」 
⇒「仕事でPCを使うから電源が確保できる喫茶店をしりたい。2時間くらいは利用したいから長居しても迷惑でないところがいいな。」

このようにリアルな読者の悩みを想定し、「どのような情報が欲しいか」を明確にしたうえで、わかりやすい目次を作成してきます。

正解がわかる目次作成

読者の悩みがわかれば、その悩みを解決できそうな目次を作成していくだけです。またSEO対策のため、目次には出来るだけ狙っているキーワードを入れた方が良いでしょう。

「喫茶店 深夜」の例

【目次】

  1. ・駅から近い深夜の喫茶店
  2. ・仮眠ができる深夜営業の喫茶店
  3. ・実際に行ってみた深夜でもサービスが整った喫茶店

このように悩みに対する正解が明確化され、かつキーワードを入れておくことが大切です。
また、できれば一つ実体験も交えることで記事の信憑性があがります。

初心者でも書ける本文の書き方

キーワードと目次が決まればいよいよ本文を書く最終段階になります。

本文は目次で決めたことを具体的に肉付けする作業なので、一番簡単な部分にあたります

本文ライティングの基礎構造

ライティングには様々な型がありますが、ここでは初心者の方でもやりやすい基礎をご紹介します。

  1. 主張する
  2. 主張の理由を述べる
  3. 具体例をだす
  4. 反論を想定して理解を示す
  5. 再度、主張をする。

このような構造をとることが基本になります。
初心者でもこのような順序で本文ライティングをすれば、わかりやすい記事を書くことができます。

書きたい内容を書かない

読者目線になり、キーワードに沿った目次の作成」でも触れましたが、読者が知りたい情報(悩み)にフォーカスすることが一番大切です。

本文を書いているとついつい自分語りも多くなりがちですが、最初に決めた目次に沿って本文を肉付けしていくことで回避していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  1. 読みたい人がいるキーワード選定
  2. キーワードを検索してきた人の悩みを解決する目次
  3. 目次に沿った本文の作成

この手順でライティングすれば、初心者の方でもライティングで稼ぐ力を身に着けることが出来ます。

ライティングで収入を得て稼ぎたいあなたにこの記事が参考になれば幸いです。