誰でもプロのライターレベルに!文章力をあげる最強の文章構成【PREP法】

誰でもプロのライターレベルに!文章力をあげる最強の文章構成【PREP法】

ライティングを始めた多くの人が、最初につまずいてしまう壁に

「書いてみた文章が自分で読んでもよくわからない」

ということがあります。

この記事では

  • 誰でもプロのライターレベルの文章力になるPREP法
  • プロレベルの文章力になるPREP法の具体事例

についてご紹介します。

誰でもプロのライターレベルの文章力になるPREP法

読みやすい文章には構造のルールがあります。

様々な構造のルールがありますが、この記事では簡単で一番強力なPREP法を紹介します。

読みやすい文章構造 PREP法とは、

「PREP」とは

  • P=Point(結論)
  • R=Reason(理由)
  • E=Example(事例、具体例)
  • P=Point(結論を繰り返す)

のイニシャルを取って名付けられています。

PREP法は新卒就活やプレゼンテーションの場で使われるようになった用語なので、知っている方も多いかもしれません。

PREP法は何かを主張したりなど物事を伝えるのに最適な文章構造なので、ライティングでも強力なテンプレートとして利用できます。

順に各項目についてご説明していきますね。

P=Point(結論)

文章の初めは結論から書きます。
ビジネスシーンでも「結論から言え!」なんて上司が部下を叱責している光景があったりしますよね。

先に結論が初めに出ていると「これからこの内容について話すんだな」と聞き手は安心して話に入り込むことができます。

仮に理由から説明を始めても「なんのための説明なんだ?」と話が不明瞭になってしまいがちで、わかり辛い文章になってしまいます。

R=Reason(理由)

次に、初めに述べた結論(主張)の理由を説明します。

なぜその主張になったのか、相手が納得できるだけの根拠を出来るだけ具体的に書くのがポイントです。

E=Example(事例、具体例)

R=Reason(理由)で述べた理由を具体的な事例で補強します。
この具体例は理由⇒結論の流れに沿ったものでないと話が一気に崩れてしまいますので、注意が必要です。

また、実体験や客観的な数値を盛り込むことでより信憑性の高い文章を構成することができます。

P=Point(結論を繰り返す)

最後にダメ押しで最初に書いた結論を述べましょう。

読み手は最初に述べた結論を頭に思い浮かべながら、

R=Reason(理由)⇒E=Example(事例、具体例)と話を読み進めていきます。

そして途中で「あれ?結局なんの話だっけ?」と忘れてしまうことがあります。

読み手が結論を覚えていた場合でも、理由⇒具体例と読み終えたあとに、話の一貫性を確かめるために、最初の結論を頭の中でもう一度思い浮かべて反芻させることで納得感が生まれます。

この作業を、最後に結論をもう一度述べることで意識的に再確認させてあげるのです。

プロレベルの文章力になるPREP法の具体事例

それではPREP法を使った文章の事例を紹介します。

P=Point(結論)

PREP法を使えば、読みやすい文章構成力を獲得することが可能です。

R=Reason(理由)

なぜなら人は結論から述べることで「これからこの話を始めるんだな」と理解することができ、理由や具体例を後に付け加えることでスムーズに理解を深めることが出来るからです。

E=Example(事例、具体例)

例えば、実際のビジネスシーンで上司が部下に「結論から述べないとわからない!」と叱責している場面があったりしませんか?あれは結論を述べる前に、具体例を出したり理由を述べたりすることで話が分かりにくくなっているのです。

P=Point(結論を繰り返す)

文章構成を結論から始めるPREP法を使えば、読み手が読みやすく伝わりやすい文章の構成力を獲得することできると確信しています。

 

このように最初に述べた結論を基にして文章を構成していくことでPREP法が完成します。

まとめ

いかがでしょうか。

誰でもプロのライターレベルの文章力になるPREP法についてご紹介していきました。
PREP法は単純な構造ですが、ほとんどのプロのライターが採用しているライティングの基本でもあります。

ライティング能力を劇的に高めるPREP法を、ぜひ試してみてください。