Web分析に必須!サイト別のコンバージョンの決め方と種類

Web分析に必須!サイト別のコンバージョンの決め方と種類

こんにちはリベルタの藤岡です。

今回はWebマーケティング必須用語の

コンバージョン」について解説します。

  • コンバージョンとは
  • コンバージョンの種類
  • コンバージョンの決め方

順に解説していきます。

コンバージョンとは

Webマーケティングにおけるコンバージョンとは、

「コンバージョン」=「そのWebサイトは何の目的でつくられているか」

を表しています。

当然、ビジネスの内容によってサイトの意義も変わってしまうので、サイトごとにコンバージョンが異なります

コンバージョンレート(CVR)

コンバージョンに至った割合のことを「コンバージョンレート」と言います。

まとめると

  • コンバージョン(CV)=目的
  • コンバージョンレート(CVR)=目的達成に至った割合

この二つの指標を参考にサイトのメンテナンスをしていくことが重要です。

コンバージョンの種類

Webサイトがどのようなコンバージョンを設定しているのか、種類別にまとめてみました。

商品やサービスの購入(ECサイト)

ECサイトや、販売店舗、飲食店などがこれに当てはまります。

このようなWebサイトでは商品購入によってマネタイズされるので、コンバージョンは購入時点に設定するのがよいでしょう。

資料請求・見積(高額商品の販売)

不動産、リフォーム、車販売など高額な商品や、契約が必要で実際に顔を合わせないと完結しない商品の場合は資料請求・見積をコンバージョンに設定します。

また、見積を取る際に顧客データ(氏名・メールアドレス)を取得することもできます。

コンテンツのダウンロード(情報)

情報商材やコミュニティサービスなど、顧客そのものをネット上で獲得する場合、コンテンツのダウンロードをコンバージョンにしているケースが多いです。

この場合も顧客情報を獲得し、DMに誘導したり、別のコミュニティサイトへの導線にしているサイトもあります。

広告のクリック(アフィリエイトサイト)

広告のクリックへ誘導するアフィリエイトサイトでは言うまでもなく広告のクリックがコンバージョンポイントにあたります。

アフィリエイトの場合、大量のPV数(サイト閲覧数)を稼がなければ収益化しないので、商材選び、ライティングスキル、キーワード選択によって大きくコンバージョンが変動する傾向があります。

 

その他コンバージョンには数々の種類があります。

マネタイズポイントやサイトの立ち位置によって全く異なってくるポイントなので、サイトの制作段階からしっかり確認しておくべきポイントでしょう。

コンバージョンの決め方

サイト運営の理由がビジネス利用なら、コンバージョンは収益を得る「マネタイズポイント」と「サイトの立ち位置」を考えると決めることができます。

車販売の場合

【収益化】 車の販売

【見込み】 面談・試乗

【サイト立ち位置】  ウェブサイトで資料請求と問い合わせを増やす

コミュニティ運営の場合

【収益化】 コミュニティ会費・イベント収益

【見込み】 会員登録、顧客情報の獲得

【サイト立ち位置】 ダウンロードコンテンツを作り、顧客を集める

 

このように「収益化のポイント」と「どのポジションをウェブサイトに任せるか」によってコンバージョンは決めることが出来ます。

ウェブは特性として大多数の顧客にアプローチできるツールですので、主に集客・データ集めのポジションを任せるとよいでしょう。

まとめ

いかかでしたでしょうか。

コンバージョンを設定していないサイトはコンパスの無い船のようなものです。

サイトの運営を始める前にしっかり決めておきたいですね。