ツイートアクティビティを正しく読み解く!TwitterのWebマーケティング

  • 2019.05.28
  • SNS
ツイートアクティビティを正しく読み解く!TwitterのWebマーケティング

こんにちはリベルタの藤岡です(@liberta_corp

今回は、Twitterをマーケティングで利用するにあたり、絶対に必要なツイートアクティビティの読み解き方についてご紹介いたします。

この記事は

  • ツイートアクティビティの基礎
  • エンゲージメントを増やす方法

 

について解説しています。

 

ツイートアクティビティの基礎

Twitterをマーケティングやブログなどの入り口として商業利用するつもりなら、当然アクティビティの数値を読み解かなければ成果は上がりません。。

逆に言えば、ツイートアクティビティを読み解くことによって着実にフォロワー数やリツートの確立を上げることが出来るので、しっかり理解していきましょう。

 

ツイートアクティビティの見方

アクティビティはスマートフォンアプリとPCの場合で見方が異なります。

スマホ

 

PC

PCの場合こちらのTwitterアナリィクスを利用することでより詳細に見ることができます。

https://analytics.twitter.com/

※5日前後の運用でフォロワーを39人。インプレッションを14,096獲得してます。

 

各項目の名前と意味

項目がいくつか並んでいますが、まず見るべきポイントは

  • インプレッション
  • エンゲージメント

この二つです。

「インプレッション」

該当のツイートがタイムライン上に表示された数。
じっくりみても、読み飛ばされても、同じようにカウントされます。

「エンゲージメント」

該当のツイートに何かしらの反応があった数です。

具体的には

・画像・動画のクリック数

・いいね

・プロフィールのクリック数

・詳細のクリック数

・リツイート数

・リンクのクリック数

・ハッシュタグのクリック数

・投稿からフォローした人の数

・返信

これらの行動をとればエンゲージメントにカウントされます。

 

エンゲージメント率を割り出す

エンゲージメント率とはインプレッションからどれだけエンゲージメントに至ったかの割合のことです。

エンゲージメント率

エンゲージメント ÷ インプレッション × 100 = エンゲージメント率

この数値が高ければ高いほど1ツイートあたりの生産性が高いことになります。

 

エンゲージメントを増やす方法

エンゲージメントを増やすことはTwitterでの生産性を上げるために不可欠な行動です。

具体的にエンゲージメントを高める方法をご説明します。

 

まずはインプレッションを大量に獲得するのが基本!

エンゲージメント率が100%の状態(1インプレッション=1エンゲージメント)は物理的にありえないので、まずは大量のインプレッションの獲得を目指します。

フォロワーがまだ一桁しかいない状態で通常のツイートをしても、フォロワー内にとどまりインプレッションも一桁になってしまいます。

そこで、ハッシュタグやリプライなどでほかのアカウントの目に留まるように工夫します。

ハッシュタグの使用例

時事ネタやトレンド入りしているものを利用する

リプライの使用例

自分よりもフォロワーの多いアカウントのツイートにコメントを残す

 

このようにしてインプレッションをどんどん稼いでいきます。

 

エンゲージメント率を高める工夫をする

インプレッションの獲得ができれば、次にエンゲージメント率を高める工夫をしていきます。エンゲージメント獲得には、獲得したいユーザーのペルソナ(ターゲット)設定が大切です。

エンゲージメントの中身(フォロワーは増えているのか)も併せてチェックしていきましょう。

これは私の別アカウントで時事ネタをツイートしたときのアクティビティです。

時事ネタを中心にしたツイートを定期的に排出しているアカウントではないので、インプレッション・エンゲージメントともに大きな数が出ていますが、その後フォロワーは全く増えていません。

 

一方、こちらはリベルタで利用している本アカウント(@liberta_corp

ツイートの内容と普段からツイートしている内容が一致しているのでエンゲージメント率がかなり高めで、フォロワーも増えています。

このように自分のアカウントは誰にとって有益なのか、どんな人が求めているのかを検討し、仮説を立てながらツイートすることで、エンゲージメント率を高めてゆきます。

 

ペルソナ設定の大切さ

エンゲージメントを高めるペルソナ設定にはコツがあります。

 

参考までに、私は下記のような順で設定しました。

1.自分がなぜTwitterをやり始めたのかを検討する
  ⇒ブログへの流入を増やすため

2.ブログの内容は誰にとって有益なのか
  ⇒Webマーケターやブロガー

3.WebマーケターやブロガーはなぜTwitterをやっているのか
  ⇒Webマーケットの情報収集・仲間集め・自分のブログを広めたい

4.このような人たちに引っかかるツイートはどのようなツイートか
  ⇒最新のIT情報や、毎日の作業にやる気の出るツイート。ブログの閲覧数、収益を伸ばすヒント。

 

このような流れでペルソナを設定し、日々のツイートアクティビティを見ながら改善をしています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • ツイートアクティビティの基礎
  • エンゲージメントを増やす方法

について解説しました。

基本はメディア運営と同じ戦略になるので、日々検証⇒改善が大切ですね。

よかったら私のTwitterアカウントも是非フォローしてみて下さい。

Twitter:@liberta_corp

この記事があなたの参考になれば幸いです。