Twitterのハッシュタグを有効活用する3つの方法

  • 2019.06.12
  • SNS
Twitterのハッシュタグを有効活用する3つの方法

Twitterで”#”をつけたハッシュタグのツイートは利用していますか?

「あるのは知っているけど何に使うのかわからない」
「なんとなく使ってたけど何か意味あるの?」

という方が意外と多いのかな、と思うので、

今回はハッシュタグを有効活用できる3つの方法についてご紹介します。

 

そもそもTwitterのハッシュタグとは?

Twitterで“#”をツイート内に入れると、”#”に続く単語を「タグ」にすることが出来ます。

タグとはTwitter内で同じタグの入ったツイートを一覧で見れる機能のことで、これを利用すると検索する手間なく関連ツイートを並べて見ることが出来ます。

 

ハッシュタグを使った例

実際に私のツイートを例に挙げると

#今日の積み上げ

#今日の積み上げ というハッシュタグを利用しています。

これは有名ブロガーのマナブさんが初めたハッシュタグで
「毎日なにか作業や練習をしている人が日々の経過を報告するツイート」
にハッシュタグをつけて投稿しています。

 

#このブログちょっとみてくれ

こちらは #このブログちょっとみてくれ というハッシュタグを利用した例です。

このハッシュタグをつけたツイートを補足して、ブロガーさんのブログをレビューする企画をしています。

 

ハッシュタグをクリックすると

ハッシュタグをクリックするとこのような画面になります。

 

同じタグをつけたツイートが一覧で見れるようになります。

ハッシュタグを有効活用する3つの方法

「同じハッシュタグが一覧で見れる」という機能を使ってどのようなことが出来るのか、私が利用している3つの方法をご紹介します。

 

1.同じ趣味・志向の仲間を見つける

もしあなたが駆け出しのブロガーであれば、同じ始めたばかりの仲間か少し先輩くらいの仲間が欲しくなると思います。

そういう場合、#ブロガーさんと繋がりたい#ブログ更新しました というハッシュタグをつけているアカウント検索し、フォローしてみるのも良いでしょう。

このようにタグはTwitterで同じような行動をしている人や、趣味の同じアカウントを見つけることに適しています。

 

2.ハッシュタグのツイートをして見つけてもらう

先ほどの「同じ趣味・志向の仲間を見つける」の逆バージョンで、自分のツイートに有名なタグをつけてツイートをします。

しかし、どのようなタグでも良いわけではありません。

  • 既にある程度の人数が利用している
  • 更新頻度の高いタグを使う(ほぼ毎日新規ツイートがある)

この2つの条件を満たすタグを選んでください。

また「たくさんタグをつける」というのもあまりオススメではありません。
通常、2~3個くらいに抑えてツイートしていきます。

 

3.企画ツイートが出来る

自分で新しいタグを作り、仲間を募ることもできます。

この方法は少し難易度が高いですが、より自分に近い属性のアカウントを集めることが可能です。

企画ツイートの例

 

私が行ったハッシュタグを使った企画ツイートです。
この方法で30人ほどブロガーさんのフォロワーを増やすことに成功しました。

しかし、ちょっと失敗したかも、と思ったのですが、想定よりも拡散性があり紹介ブログが現在追い付いていないような状況になっています。※現在は募集を停止しています。

「更新頻度の高いタグ(ほぼ毎日新規ツイートがある)」という条件が満たせないタグになってしまったのが少し反省点でした。

 

Twitter初心者ほどハッシュタグを利用すべき

始めたばかりのTwitterアカウントはフォロワーも少なく、情報の発信力が弱い状況です。

しかし、そんな初心者のアカウントであっても、ハッシュタグは同じ属性の仲間を見つけ、互いにフォローし合うことで有益な情報交換が可能になる可能性を秘めてます。

もしフォロワーがなかなか増えない状況に困っているなら、次回のツイートからハッシュタグを使ったツイートをぜひ検討してみてください。