ツァイガルニック効果って?PV数が〇〇倍になる広告手法

ツァイガルニック効果って?PV数が〇〇倍になる広告手法

ブログや広告、動画配信など、コンテンツマーケティングのコピーには様々な心理学の手法が取り込まれています。

今回はその中でも広告効果の高い「ツァイガルニック効果」についてご説明します。

 

ツァイガルニック効果ってなに?

心理学上、人間は完成したものよりも「未完成」のものが記憶に残りやすい傾向があります。

このような効果を狙って、コピーをあえて未完成にすることで、人の記憶に残す手法をツァイガルニック効果と呼んでいます。

ツァイガルニック効果の実例

ツァイガルニック効果を利用した手法の主な例を紹介します。

TVのCM

「この続きはウェブで!」と途中で切り上げ、検索ボタンを見せる

バラエティ番組

「この後衝撃の展開が!」で切り、CMで離脱させない

恋愛ドラマ

恋愛感情という客観的にハッキリと分からないものをテーマにし、1話ずつストーリーを進展させている

広告タイトル

「〇〇日で痩せた!?驚きのサプリの効果とは」という伏字

 

以上が主なツァイガルニック効果の例です。

また、この記事のタイトルにも「PV数〇〇倍」という伏字を利用したツァイガルニック効果を使っています。※(この説明のために〇〇倍というタイトルを利用しました。実際、伏字部分が気になりませんでしたか?)

 

ツァイガルニック効果の作り方

それではライティングにおけるツァイガルニック効果の作り方をご紹介します。

まず、記事のライティングを行う際には、読者の解決したい悩みを意識してライティングをするのが基本です。そしてこの読者の「解決したいポイント」を隠すか、中断させることでツァイガルニック効果を得やすくなります。

例えば、この記事はPV数に伸び悩んでいる読者を想定して作成しています。

そのような悩みを持つ人にとって、この記事を読むと「PV数が何倍になるのか?」というのは気になるポイントですよね。

 

ツァイガルニック効果を使ったコピーライティング

読者の解決ポイントを隠すか中断させることで得やすい!

 

初心者のライティングにも効果的

初心者が始めて記事をライティングする時

  • 「何か足りない気がする」
  • 「もっと調べて書くべきだろうか」

という不安を抱えながら執筆を進めているのかな?と思います。しかし、あえて未完成のものだからこそ、人の記憶に残る記事が作成できている可能性があるのです。

例えば、定型文が羅列された新聞や、正確なデータの統計は完璧な情報ですが、中々記憶には残りにくくないでしょうか。それよりも身近な友人から聞いた話の方が、未完成だけど記憶には残っていませんか?

このように初心者であっても、「未完成な文章だからこそ記憶に残る!」という特性を利用して、人の記憶に残るライティングは可能です。

 

まとめ

いかがでしょうか。

今回はツァイガルニック効果のご紹介をさせて頂きました。

ちなみにこの記事の「〇〇倍」というタイトルの部分は、実際にこの記事のPV数を集計したものを後日公表したいと考えています。(これもツァイガルニック効果です)

この記事があなたの参考になれば幸いです。