トラッキングコードとは?画像付きでわかりやすく解説【Googleアナリティクス】

トラッキングコードとは?画像付きでわかりやすく解説【Googleアナリティクス】

Googleアナリティクスの「トラッキングコード」とは、Googleがサイトのデータを取得できるようにサイトに埋め込む特殊なコードのことです。

このコードが埋め込まれたサイトにアクセスすると、ユーザー情報がGoogleに送信され、ユーザー情報がインデックス(保管)されます。

 

トラッキングコードの仕組み

Webサイト側でトラッキングコードを設置すると、Googleから詳細な分析結果が送られてきます。

新規ユーザーかリピーターかの判断以外にも「年齢」「性別」「在住地域」「検索ワード」など、Googleにインデックスされている様々な情報の統合結果が分析結果としてわかるようになります。

 

プライバシーポリシー

ユーザーの情報を取得するため、トラッキングコードを設置したならサイトのプライバシーポリシーに明記しなければなりません。

 

プライバシーポリシーの書きかた

必要な文言は下記の3点です。

  1. Googleアナリティクスを使用していること
    →本サイトでは、サイトの分析と改善のためにGoogleアナリティクスを使用しています
  2. どのようにデータを収集し、処理しているか
    →本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(たとえば、アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します
  3. データ収集のためにcookieを使用していること
    →データ収集のためにGoogle がお使いのブラウザに cookie を設定したり、既存のcookieを読み取ったりする場合があります

上記の文言をプライバシーポリシーに明記しましょう。

 

トラッキングされたくないユーザーは

「情報を渡したくない」という場合には2つの対応方法があります。

  • シークレットモードにする
  • cookieを消す

それぞれ解説します。

 

シークレットモードにする

サイトにアクセスする前であれば、シークレットモードにすることでcookieを作成せずにサイトを閲覧することができます。

気になる人は常時シークレットモードにすることをおすすめします。

chromeでシークレットモードにするには

Windows
[Ctrl]+[Shift]+[N]キーを押す

mac
[command]+[shift]+[N]キーを押す(mac)

このような手順でシークレットモードにすることが出来ます。

 

Cookieを消す

アクセス後にcookieを消せばトラッキングされた情報をリセットすることができます。

必要なサイトのcookieまで消えてしまうのであまりオススメではありませんが、どうしてもという場合には検討してみてください。

※ブラウザごとに消し方が違うので「ブラウザ名+cookie削除」で検索してみてください。。

 

まとめ

トラッキングコードについて解説しました。

顧客情報を大量に取得しているGoogleはしばしば注意喚起の対象になることもありますが、ユーザーにとっても興味関心のある項目をサジェストしてくれたり、住んでいる地域に関連の深い情報をくれたりなど、メリットの大きい仕組みです。

この記事が参考になれば幸いです。