そのタイトルだとミスマッチかも?ブログ集客するなら知っておくべき読者タイプの4パターン

そのタイトルだとミスマッチかも?ブログ集客するなら知っておくべき読者タイプの4パターン

ブログタイトルと記事内容を決める時に、検索流入の見込める「キーワード」は入れていますよね。しかし、選んだキーワードとブログの記事がミスマッチだと、アフィリエイトやCTAリンクをクリックしてもらず、なかなか収益UPにつながりません。

今回は読者タイプの4パターンからみた、ふさわしいタイトルのつけ方と、キーワード選択についてご紹介します。

Advertisement

読者タイプ4パターン

ブログを見にくる読者は「悩み」を解決するために検索したり、SNSで張られたリンクをクリックして来客します。

読者のタイプはこの「悩みのレベル」によって4つのパターンに分けることができます。

 

  • もう買う人
  • 買う予定の人
  • どれにするか迷っている人
  • 興味あるけどまだ買わない人

この4タイプです。

ブログを運営する目的は「誰か」に「情報」を伝えるというのが大前提ですが、この「誰か」と伝える「情報」がミスマッチを起こすと、どんなに良い記事を書いてもなかなか収益は上がらないのですね。

この次は、U-NEXTに登録してもらうと収益が出るアフィリエイトブログを運営していたとして、4タイプごとに見ていきましょう。

 

もう買う人キーワード

もう買うことを決めている読者なので、狙うキーワードは商品名を「U-NEXT」とそのままキーワードにします。このような具体的な商品名が一番買う見込みの高い読者が狙えるキーワードです。

一番狙いたいが、一番ハードルも高い

積極的に狙っていきたいところですが、成約率が高い層のため多くのアフィリエイトサイト、公式サイト、広告費をかけた集客サイト等の競合が取り合っています。ここだけを集中的に狙っても安定した収益は狙えないでしょう。

下記に紹介する層も平行しながら狙うのが良いキーワードだと思います。

 

買う予定の人キーワード

今すぐ買うわけではないけど、いつかは欲しいと思っている読者には「U-NEXT 評価」や「U-NEXT 最新映画」など、購買の後押しになるようなキーワードが刺さります。

今すぐ必要でない理由は「購入後のイメージがついていない」ことが多いので、経験談や最新情報のまとめなど、今欲しくなるような情報を提供してあげます。

 

いつか買う人は他社比較をしない

買う予定にしている人は「他社との比較」を終え、同じ種類のサービスならU-NEXTが一番自分に合っていると知っている人です。この人がなぜ申し込んでいないのか「料金がネック」なのか「安いタイミングを待ってる」のか、原因を考えると選ぶべきキーワードがわかりやすいですね。

 

どれにするか迷っている人キーワード

迷っている人には他社と比べられる「動画サービス 比較」キーワードがオススメです。迷っている人はなぜ迷っているかというと、購入後に「あっちにしておけばよかった」と後悔したくないからですよね。比較記事はそんな迷いのある人向けにオススメな記事スタイルです。

 

体験もプラスするとなお良い

他社比較しつつ、U-NEXTを選んでもらうには、比較のあとで「私はU-NEXTを選びました。なぜなら~」というように体験を語ることが効果的です。

比較内容で優劣をつけたり、特定のサービスだけデメリットを語らないような記事だとすぐにバレてしまいます。商品に対する正直な評価を、率直に語ることがポイントです。

 

興味あるけどまだ買わないキーワード

まだ買わない人のキーワードは「休日 映画 泣ける」のような、サービス自体ではなく「サービス内容から派生するキーワード」がオススメです。

まだ買わない人はサービスを知らないか、知っていてもメリットを感じていない人が該当します。このタイプの読者にいきなり「U-NEXTがおすすめ!」という風に動画サービスを進めても成約し辛いので、少し遠回りな攻め方が必要ですね。

買わないなら狙わなくて良い?

買わない読者を呼ぶことに疑問もあると思いますが、実は検索で流入が一番多いのはこの「買わないタイプ」です。

「買うタイプ」だけを狙っても流入が少なすぎて収益を上げられないため、この「買わないタイプにどうやって商品を紹介するか?」がこれからブログで収益を上げるために重要なのですね。

 

買わない読者を教育するメルマガ

買わない読者をすべて捨てて運営するのは非常にもったいないので、メールマガジンに登録してもらい、教育していくことをオススメします。

メールマガジンの登録してもらう方法、メールマガジン運営方法についてはこちらの記事で解説しているので、併せて読んでみてください。

PV数1万でも稼げる!アフィリブロガーが知らないCTAの意味【実践編】

読者がファンになる、無料メルマガ活用のオススメ配信方法

 

読者に合わせた記事の使い分け

「もう買う人」だけを狙って収益を上げていくには、流行を追いかけたトレンドブログでないとなかなか難しいかと思います。しかし、トレンドブログを見にくる読者は「流行」を追いかけているため「ブログ自体」のファンになることはありません。これだと安定した流入を得ることが出来ないので、運営もかなりシビアになります。

ブログで集客し商品を販売するなら、紹介した4タイプすべての読者を集客するのが安定した流入が得られ、収益につながるビジネスチャンスを増やすことに繋がると思います。

記事をタイプごとに使い分けた記事作成を、ぜひ検討してみてくださいね。