無料でSEO競合分析が出来る「Similar Web」の使い方【分析方法の画像付き】

無料でSEO競合分析が出来る「Similar Web」の使い方【分析方法の画像付き】

記事のライティングの前に、競合の分析はしていますか?

サイトのテーマが決まったなら、既に上位表示されているサイトが「どうやって上位になったのか」を分析していくことは重要な作業です。

もしも「分析をしない」ということは、せっかく答えが出ているテストの答案を、一切見ずに挑戦するようなもの。しっかりマスターしておきたいですね。

今回は初心者でも簡単に分析が出来るように最低限の方法を実践の画像付きで紹介いたします。

 

Similar Webを使った競合分析

競合分析には様々な手法がありますが、まだPV数の少ない初心者が最低限しなければいけない方法は「上位表示になっているサイトのキーワード」を知るということです。

競合の情報はSimilar Webというサイトで分析することが出来ます。

 

Similar Webにアクセスする

https://www.similarweb.com/ja

similar webにアクセスし、左上の検索窓に分析したいサイトのアドレスを入力します。

アドレス入力の際にはドメイン部分だけを入力してください。

https://www.liberta-corp.jp/hide-wordpress-title/
URLの前半部分ですね。

 

どのようなサイトを分析するべきか

「競合サイト」を見つけるには「自分が上位表示したいキーワード」で実際に検索1ページ目の上位サイトを選びます。

仮に上位にしたいキーワードを「SEO マーケ」とした場合を見ていきましょう。

 

キーワード「SEO マーケ」で検索してみる

検索すると上位に広告が出てくるのでこれは無視してください。検索結果の最上位は企業が特定のワードに課金し、SEOが関係ない方法で表示させています。

広告下に出てくる検索結果がSEOで上位のサイトです。

 

ferretをsimilar webで分析する

広告を除いて一番上位に来ていたサイトは「ferret」というサイトでした。

早速similar webで分析してみましょう。左上の検索窓にURLを入れるとこのような表示になります。

ランキングなどが出てきますが、見るべきポイントは画面中段にあります。

「検索」という段までスクロールしてください。

 

similar webで競合のキーワ-ドを分析する

「検索」という項目では、上位表示しているサイトが「どのようなキーワード」でユーザーを集めているかがわかります。

Ferretの場合「SEO マーケ」というキーワードで上位のサイトでしたが

  • 「パソコン 動き」
  • 「エクセル 関数」
  • 「Photoshop 無料」

といったキーワードの流入がもっとも多く、ユーザーを集めているということが分かります。

SEOというキーワードだけでなく「パソコンやソフトの使い方」というユーザーの多いキーワードで多くのユーザーを集めているようですね。

 

複数のサイトを分析してみる

狙っているキーワードでサイトを上位にさせたいなら、ひとつだけでなく2~3種類の上位サイトを調べてみましょう。

 

SEO HACKの場合

「SEO HACK」というサイトの場合「PWA」というキーワードで検索流入が多いようです。PWAとは、モバイルサイトをアプリのように表示する技術のことです。

SEO HACKはニッチな調べものをしたい人向けの「用語集」を作ることでユーザーを集めていることが分かります。

このように同じキーワードの上位サイトでも戦略が全く違うことがわかりますね。

 

すでに上位のサイトをマネすることで結果が出せる

上位サイトをコピペしてはダメですが、その戦略や「どうやって上位になったのか」を知ることは大切です。なぜなら、同じような戦略をとることで再現できる可能性が高いからです。

サイトを大きく成長させるなら「まずはマネしながら色々試してみる」というのが基本戦略になります。

是非、similar webを活用しながら自分のサイトを育てる試行錯誤をしてみてくださいね。