SEO対策の基本!セッションの意味と定義を解説!【Googleアナリティクス】

SEO対策の基本!セッションの意味と定義を解説!【Googleアナリティクス】

Googleアナリティクスを使い始めたばかりだと
「セッション?」と聞きなれない単語に戸惑う方が多いと思います。

この記事では

  • セッションの意味と定義
  • セッション数の重要度と上げ方

について解説していきます。

セッションの意味と定義

Googleでは膨大なユーザーのアクセス情報を様々な方法で収集しています。

「セッション」とはそのうちの一つの収集方法で、Googleアナリティクスで定義されるアクセス情報のことです。

アナリティクスのデータ処理内容から順に説明していきますね。

ヒット Googleがデータ収集している方法

Googleアナリティクスを導入しているサイトには「トラッキングコード」と呼ばれる特殊なコードが組み込まれています。

このトラッキングコードにアクセスがあるとGoogleにデータが送信され、アナリティクス側でユーザーのデータを収集・解析されています。

 

Googleに送られる主なユーザーデータ

  • デバイス情報(機種や解像度など)
  • 年齢・性別
  • どういう経路でサイトに来たのか(検索ワードなど)
  • アクセスした時間
  • 新規かリピーターか判断 など

 

これらの情報が解析され、Googleアナリティクスに送信されます。

これらの情報が送信されることを「ヒット」と呼びます。

ヒットが起きるとセッションがスタートする

ヒットがGoogleに送信されると、セッションがスタートします。

セッションは最初のヒットから30分間有効(設定で変更可能)で、この間にユーザーが他のページに移動してもセッションの数は変更せず、またセッションの時間が延長されます。

セッションが続く限りはユーザーがサイト内の別のページをクリックしたりして、行動したとしてもセッション数は変わりません。

セッションの意味

セッションは、一定時間内のユーザーの動きをより正確に補足できる定義といえます。PV数が“点”とするなら、セッションは線のイメージです。

もし、アクセスしたユーザーが朝2回・夜1回とサイトのページを合計10回閲覧したとしたら

  • ユーザー⇒1
  • セッション⇒2
  • PV⇒10

と、アナリティクス上で表示されているはずです。

セッション数の重要度と上げ方

次にセッション数の重要度について解説します。

ページ/セッション

ページ/セッションとは、

「1回のセッションに対するPV数の割合」のことを意味しています。

この数値が高いほど、1回のセッションのうち様々なページを見てもらえていることになります。
高ければ高いほどいいようにも思いますが、ユーザーがサイト内で迷っているケースもあるので一概には言えないでしょう。

最初はセッション数を上げる

ブログやサイトの立ち上げ初期ではセッション数を上げることが第一優先です。

ユーザー数やPV数ももちろん大切なのですが、初めのセッション母数が増えないことにはユーザー・PV数の推移の判断が出来ず、あまり数値として意味をなさないからです。

たとえば、先ほどのアナリティクス画面だとページ/セッションが3.7という数値はかなり優秀に思えます。

しかし、セッション数が56しかないため、少ないPV数であっても大きな数値が出てしまっています。

このように、正しい数値を図るためにもまずはセッション数を増やすことが大切です。

セッション数の上げ方

セッション数を上げるには検索上位に表示させるSEO対策が不可欠です。
※SEO対策については長くなってしまうので、こちらの記事を参考にしてください。

SEO対策って?わかりやすい解説ポイント3つ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • セッションの意味と定義
  • セッション数の重要度と上げ方

について解説してきました。

この記事がセッションという聞きなれない言葉に戸惑っていた方への参考になれば幸いです。