売れるセールスライティング!BEAFの法則について解説

売れるセールスライティング!BEAFの法則について解説

ブログ更新を続けていて
「PV数は稼げるようになったけど、なかなか収益につながらない!」
という悩みが新たに増えていませんか?

今回は、売れるセールスライティング「BEAFの法則」について解説します。

セールスライティング「BEAFの法則」って?

BEAFの法則とは

商品やサービスをB→E→A→Fの順に紹介することで読者の購買意欲を高めるラティング方法のことです。

  • Benefit(得られるメリット)
  • Evidence(論拠)
  • Advantage(競合優位性)
  • Feature(さまざまな特徴)

これらの頭文字をとって”BEAF”なんですね。

それぞれの項目について解説します。

 

Benefit(得られるメリット)

商品購入・サービス加入のメリットを始めに説明します。

例えば商品利用シーンを文章で表現する、サービスに加入した後の魅力的な写真を掲載する等、対象のモノを得ることで「自分がどんな風に幸せになるのか」を読者に想像させます。

 

Evidence(論拠)

お客様の声や数値データをもとに、Benefitにつながる根拠を示します。ここを怠ってしまうと読者の中で納得感が生まれず、なかなか信用してもらえません。

BenefitとEvidenceは私が普段のセールスライティングで一番力を入れて構成を組むポイントです。

 

Advantage(競合優位性)

品質や価格など、他社と比べてどのように優れているかをアピールします。ここではあくまでも事実に基づき、過剰に表現しないよう注意します。

 

Feature(さまざまな特徴)

見た目、効果、種類など、その商品やサービスにしかない特徴を最後にライティングします。

購入するかしないかを最後に決めるポイントで長く表現してしまいがちですが、2か3つに絞ったものの方が読者の印象に残りやすいでしょう。

 

BEAFの法則を最大限活用するために

取り上げる商品・サービスを理解していなければ、当然良いセールスライティングは書けません。まずライティングを始める前にコンテンツを理解することが重要です。

 

コンテンツを理解する方法

自分がコンテンツを利用したことがある場合、自身の体験は有益な情報になります。

しかしセールスライティングの現場では「実際に利用したことがない・する予定がない」ものをセールスすることが多いかと思います

その場合、BEAFの順にコンテンツを「なぜ~」の疑問形で抽象化していくことがオススメです。

 

Benefit(得られるメリット)

⇒ なぜこの商品はユーザーの問題を解決できるのか。それを聞いた時に、ユーザーはどんな疑いを持つか。

Evidence(論拠)

⇒ Benefit(得られるメリット)の根拠になる具体的なデータ、証言、根拠はあるか。

Advantage(競合優位性)

⇒ なぜ他の似た商品ではなく、ユーザーはこの商品を選ぶのか。3つほど出す。

Feature(さまざまな特徴)

⇒ この商品・サービスはどんな商品か、特徴を2つ出す

 

このように、ユーザー目線で商品を疑い、まずは読者の一人として納得感をもつことが重要です。

 

セールスライティングは収益の要

SEO対策やSNS戦略でPV数を集めても、セールスライティングが出来なければ、コンテンツマーケティング・アフィリエイトブログで収益を上げることは難しくなります。

それは当然、「この商品を買いたい!」と読者が思わなければ利益が生まれないからです。

例えば、サッカーでどんなにボールのキープ率が高くても、ゴールを決めなければ点が入らないのと同じですね。

まずはセールスライティングの基本BEAFの法則を覚えておくことが、収益を伸ばす第一歩になると思います。