RSSって何?Webマーケター御用達ツール!「feedly」を解説

RSSって何?Webマーケター御用達ツール!「feedly」を解説

こんにちはLibertaの藤岡(@liberta_corp)です。

Webマーケターにとって最新の情報を常に仕入れることは最重要です。

RSSという技術のツールを使えば簡単にこれらの情報収集が行えるのでご紹介いたします。

  • RSSとは
  • Feedlyに登録する

 

順に解説していきます。

RSSとは

RSSとは「Really Simple Syndication」の略で、Webサイトの更新情報の日付やタイトルなどを配信する技術のことです。RSSリーダーを使い、特定のWebサイトの更新情報をピックすることが可能になります。

RSSリーダー

特定のサイトの情報をピックするには、RSSリーダーを利用します。

サイトのアドレス、キーワード、送信方法を選択することで任意の情報を取得する設定が可能になります。

キュレーションアプリとの違い

Webサイトの更新情報は様々なキュレーションアプリでも収集することが可能です。

しかし実際のマーケティングの現場では、様々な業界に特化した最新記事、キュレーションアプリでは補足できない特定サイトの情報も必要になります。

「feedly」を登録する

Googleリーダーのサービス停止後に人気を集めた「feedly」は最もメジャーで利用しやすいRSSリーダーです。残念ながら日本語の対応はしていないので、はじめの設定だけ少し難しいところがネック。

登録手順について解説します。

アカウントの作成

「feedly」

https://feedly.com/i/welcome

こちらのURLにアクセスし、アカウント登録をします。

  1. 「GET STARTED FOR FREE」をクリック
  2. Google、Facebook、Twitter、もしくは新規アカウントでログイン

これだけでアカウントの登録は完了です。

サイトURLの登録

次にサイトの登録を行います。

  1. 「Discover and follow」をクリック
  2. 入力フォームに登録したいサイトのURLを入力
  3. 「FOLLOW」をクリック
  4. 「+CREATE A COLLECTION」

以上で登録が完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

RSSリーダーを利用すれば、有益なサイトの情報へすぐにアクセスすることが可能になります。

 

この記事が参考になれば幸いです。