プロスペクティング配信って?LINEで追加された新機能

プロスペクティング配信って?LINEで追加された新機能

LINEではこれまで、ダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」を提供していましたが、2019年6月からこれにプロスペクティング配信という新機能が追加されました。

広告に馴染みの無い方にもわかるよう、簡単に説明させて頂きます。

これまでのLINEのリターゲティング広告

リターゲティン広告は、Webサイトにおけるユーザーの行動履歴にもとづいて好みや興味関心に合った広告を配信することができます。

例えば、楽天やAmazonなどのECサイトで商品ページまで行ったものの購入をしなかった顧客や、Google検索で商品を何度も検索した履歴のある顧客へ、興味の深い商品の広告を届けることが可能です。

この仕組みによって、購買意欲の高いユーザーへ関連の深い商品の広告を届けることに成功していました。

 

プロスペクティング広告とは

これまでのリターゲティング方法では、顧客情報がないユーザーへ適切な広告を表示させることはできませんでした。

しかし、プロスペクティング広告を使えばそのようなユーザーへも関連の深い広告を表示させることが可能です。

 

プロスペクティング配信の機能

 

引用:LINE、ダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」の新機能として「プロスペクティング配信」を提供開始

プロスペクティング広告を使えば、Webサイトで未接触の ユーザーに対しても、商品の詳細 ページを閲覧した ユーザーなどに類似した潜在顧客を「LINE」内で新たに探し出し、ターゲティングした 広告を配信することが可能となります。

この機能によってこれまでリーチできなかった潜在的な顧客へ効果的にアプローチすることが出来るようになりました。

 

LINEの広告効果

引用:Number of monthly active LINE users in Japan as of 1st quarter 2019 (in millions)

LINEは8,000万人(2019年4月時点)もの登録者数を誇るSNSです。

この膨大な情報に上手くリーチすることが出来れば、低予算で高い広告効果を得ることは決して難しいことではないでしょう。

今回の新機能に限らず、今後LINEでアップデートが進めば様々な運用が可能になりそうですね。