CTR(クリック率)とは?【IT・マーケティング用語】

CTR(クリック率)とは?【IT・マーケティング用語】

CTRとは、SEO対策やインターネット広告で使われる用語「クリック率」のことです。

サイト運営ではこのCTRが高いほど、サイトのPV数が増えることになりサイト収益を上げることつながります。

今回はCTRについてご説明をします。

 

CTR(クリック率)の考え方

CTRは下記の式で求めることができます。

 

CTR(クリック率) [%]= クリック数 ÷ 表示回数 (×100)

 

つまり「サイトのリンクがユーザーに見えている回数」に対して「実際にクリックされた回数」の割合を表しています。

たくさんサイトリンク表示されてもクリックされなければPV数が増えませんので、CTRはサイトパフォーマンスに大きく関わるのですね。

 

CTR(クリック率)を上げるには

CTRを上げる対策には2つの手順があります。

 

  1. 検索順位をあげること
  2. タイトルで読者の興味を引くこと

この二つです。

 

1.検索順位をあげる

検索順位はCTRと密接に絡み合っています。図のように順位が上であればあるほどCTRは上がり、順位が低くなるにつれてCTRは下がります。

それゆえ、「検索順位を上げること」があらゆるSEO対策の目的になるのですね。

 

2.タイトルで読者の興味を引くこと

実際に検索上位に表示されても「読者の興味」を引けなければクリックされずCTRはあがりません。設定したキーワードに対し「読みたくなるタイトル」をつける必要があります

キーワード選択で読者の悩みを想定したら、タイトルの時点で先に解決させてしまいます。

ダイエットの例

ダイエット 痩せたい 食事」
⇒「運動なしで痩せたい!毎日の食事だけで効果ありのダイエット法」

「ダイエット 痩せたい 早く」
⇒「早く痩せたい人必見!1か月でみるみる脂肪が落ちるダイエットプラン」

このようにタイトルの時点で読者の悩みを解決させることがポイントです。

 

CTR(クリック率)の重要性

CTRはサイトが大きく育てば育つほど、重要な指標になります。

検索結果に10,000回表示されても、CTRが1%であれば100PVですよね?しかし、検索順位で1位が取れ、適切なタイトルであれば、CTRが20%になります。

同じ10,000回の表示回数でも2000PVに跳ね上がるのです。

もし、サイトのCTRが悪い場合には見直してみると良いかもしれませんね。