経験ゼロからWebライターとして仕事を受注するには?最低限知るべきこと

経験ゼロからWebライターとして仕事を受注するには?最低限知るべきこと

ライターは経験ゼロでも比較的カンタンに副業収入を得ることが出来る職業です。しかし、ライターとして最低限知っておかなければ仕事を「受注」することは出来ません。

今回は経験ゼロの未経験ライターが最低限知っておくべき知識についてご紹介します。

 

SEOキーワードの知識と記事の構成

SEOキーワードとは、ユーザーが記事を検索するときに検索窓に入れる単語のことです。
Webライティングはこのキーワードをベースにして、記事構成されてます。

  1. キーワード選定
  2. 読者ターゲットを想定
  3. タイトル・見出し作成(選定したキーワードを入れる)
  4. 本文ライティング

このような流れで執筆することになります。

 

記事構成(アウトライン)の基本

上記の画像が記事のアウトラインの基本になります。

また、本文のライティングにはPREP法がベースになります。簡単にプロのような文章が書けるようになるライティング法なので抑えておきましょう。

 

PREP法について

誰でもプロのライターレベルに!文章力をあげる最強の文章構成【PREP法】

 

ライティング方法は発注者(クライアント)の数だけある

ライティングと言ってもその方法や求められるクオリティは発注者によってまちまちです。ライターに意見を求める発注者もいれば、淡々とこなしてほしい発注者もいらっしゃいます。

どちらの場合にも「発注者の満足」のためにライティングをする必要があります。

 

発注者はなぜライティングを発注しているのかを知る

クラウドソーシングなどで案件を見つけたら、まず発注者はなぜ「ライティング」を発注しているのかを考えてみましょう

発注者の目的がわかればアフィリエイトの収益を上げるための「セールスライティング」が必要なのか、検索ユーザーを集める「SEOキーワード重視」の記事が欲しいのか、経験者の体験談を書いてほしいのか、これらを検討してみます。

 

掲載予定のサイトは必ず確認する

案件に申込をする前に、発注者のサイトを確認し「どういうキーワードで流入しているのか」「どういう部分が弱みなのか」は分析しておくことがよいでしょう。

「分析する」というと重く感じてしまいますが、similar webというサイトで簡単に調べることが可能です。

「similar web」の使い方について

無料でSEO競合分析が出来る「Similar Web」の使い方【分析方法の画像付き】

 

文章のクセや文字数について確認する

発注者のサイトにはそれぞれ文章のクセがあります。「ですます調」なのか、「口語で明るい」のか、様々な種類がありますが、採用された際にはこの文体を合わせる必要があるので必ず確認をしておきましょう。

1記事あたりの文字数を気にされる発注者も多いので文字数ボリュームも確認し「案件をこなせるかどうか」も判断しておいた方が良いでしょう。

 

Webライターが良く使う最低限知っておくべきツール

ライターが発注者とやりとりする際に良く使うツールをご紹介します。

使い方をあらかじめ知っておかないと「なんだかやり取りしづらいな…」という評価にもなりかねないので、先に準備しておきましょう。

 

Googleアカウント

https://support.google.com/accounts/answer/27441?hl=ja

アナリティクスやキーワードプランナーなどを使用するのにGoogleアカウントは必須です。自分のライター名などで取得しておきましょう。

 

Chatwork

https://go.chatwork.com/ja/

クライアントとやり取りするツールです。LINEみたいな感じ。

10個のグループまで無料で利用することが出来ます。

 

Microsoft Word

https://products.office.com/ja-jp/word

Wordは発注者に納品する際に指定されることが多いツールです。

持っていない方はテキスト入力のソフトを用意し、発注者に問題ないか確認をしましょう。

 

WordPress

記事をWebにアップしたり、ブログを制作できるツールです。

「必須」ではないですが、Webライティングをしていく上で避けて通れないツールなので、余裕があれば試してみてください。使い方を学ぶなら自分でブログを作ってみるのがオススメです。

WordPressについて

今日からブログ開設!ドメインとサーバーの取得方法【WordPress①】

 

準備が出来たらまずは「やってみる」のが大切

今回は最低限の事前準備についてご紹介しましたが、これだけ覚えたならまずは「やってみる」ことが大切です。

もちろん未経験だとなかなか受注が出来なかったり、発注者に指摘されてしまうこともありますが「やってみる!」実戦経験が一番成長につながります。

失敗を恐れず、ぜひチャレンジしてみてください。