知らないとマズイ?オウンドメディアとは

知らないとマズイ?オウンドメディアとは

あらゆる企業が自社のサイトを運用する中で、オウンドメディアを取り入れる企業が増えてきました。普段、多くのユーザーが知らないうちに利用しているオウンドメディアですが、「オウンドメディア?」と言葉自体をを聞きなれない方も多いのではないでしょうか?

この記事では

オウンドメディアとは
トレンドに併せた今後の運用方法

についてご紹介します。

オウンドメディアとは

オウンドメディア(Owned Media)とは自社で保有するメディア(媒体)のことです。
広義ではパンフレットやメールマガジンもオウンドメディアと呼びますが、一般的にブログ形式のWebサイトを意味しています。

SNSが一般ユーザーに普及し始めた2011年以降、ユーザーを自社のメディアサイトへ誘導し、ビジネスの成果へとつなげたことから「オウンドメディア」という形態が一気に広がりました。

オウンドメディアの基本戦略

オウンドメディアは自社の商品やサービスに一般ユーザーを取り込む戦略が一般的です。

たとえば、インターネット回線の販売会社の場合
「インターネットが安くなる方法」などの記事を作成し、その記事に対しSEO対策(検索エンジンの対策)をします。
閲覧したユーザーの中から見積などを取る名目で顧客データを獲得し、その獲得した顧客データを通じてDMやメルマガを配信し実際の申し込み(コンバージョン)の獲得を目指していきます。

このように自社の記事(メディア)を通じて顧客化への誘導をすることがオウンドメディアの基本戦略となります。

コンテンツマーケンティングとの違い

コンテンツマーケンティングもオウンドメディアと同じような意味で使われますが、コンテンツマーケティングとは「メディアを使った顧客の獲得を目指す戦略」のことを意味します。

一方オウンドメディアはメディア(媒体)自体を意味していますので、似通っている部分もあり混同してしまいますが、戦略と媒体なので指している対象が違うということです。

オウンドメディアの重要性

一般ユーザーはSNSの口コミや、検索エンジンで検索することでサービスを探すことがほとんどのため、SEO対策などにより検索上位になることが出来れば、大きな広告効果を出すことができます。

このように、オウンドメディアは広告費をかけず自社でサイト運用することで、多くの顧客を獲得できる可能性を持ったマ-ケティング手法です。

また専門的な記事を投稿することで自社のブランディングも同時に行うことができ、必然的に通常の広告よりも成約率が高くなる傾向があります。

トレンドに併せた今後の運用方法

オウンドメディアは大手企業も多く参入している、非常に巨大な市場です。
このような市場で勝ち抜くための基本戦略と、現在のトレンドをご紹介します。

成功事例をみて、自社のタイプを知る

オウンドメディアの成功事例は4つのタイプに分かれると言われています。

検索型

SEO対策に強く、検索からの流用が安定して見込めるタイプです。

ソーシャルメディア型

Facebookやツイッターからの流用が多いタイプ。コンテンツ自体が面白いもの(バズりやすいもの)だとはまりやすいタイプです。

ブランド型

サイト名での指名検索されるほどのブランド力を持ったオウンドメディアです。ここを目指すには、巨大な資本力やその他のマーケティングを駆使する必要があるので、個人が参入するには時間がかかる分野です。

バランス型

上記3つの併用で安定しているタイプです。3つのうち一つから派生し、次第に3つのバランスで落ちついたパターンが一般的です。

このような成功事例タイプから自社にあった戦略をとるのが基本戦略になります。

おすすめは検索型

先ほど「成功事例をみて、自社のタイプを知る」で紹介したタイプでは、検索タイプが最も戦略の立てやすいオウンドメディアです。

ソーシャルメディアからの流用には「バズらせること」が重要なので「バズるコンテンツ」ことと「バズらせる記事の作成センス」が問われてしまいます。
バズの法則なども研究されていますが、戦略ロジックとして組み立てるには再現性が低く難しい分野だと言えます。

一方、検索型であればSEO対策やキーワード選定をしっかり行えば、ある程度の領域まで確実に成果を出すことができます。

現在のSEOトレンドと今後のオウンドメディアの流れ

オウンドメディアはGoogleの検索アルゴリズムや、SNSの流行によって、非常に移り変わりが激しい領域です。

たとえば、2016年ごろのSEO対策では「記事のアップ数は多ければ多い方がいい」「外部サイトの被リンクを出来るだけ集める」というのが多く採用された戦略でした。

しかし、Googleの検索アルゴリズムは年々アップデートされ、2019年5月現在では「質のいいサイトを検索上位にする精度」が非常に高くなってきています。

これは、言い換えれば小手先のテクニックだけでなく、今まで以上にユーザー満足度を高めるコンテンツ作成が重要視されてきているということです。
もし今までと同じく被リンクを集める活動ばかりを続けてしまっていては、サイトのPV数を大きく下げる結果へとつながってしまいます。

このように、オウンドメディアの導入を検討する場合、古い情報から常にアップデートし最新のSEO対策を身につけ続けることが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このように、オウンドメディアは大手企業から個人事業主までが参入し、多くの業界で採用されているメディア形態です。

また、トレンドは日々変化していますので、最新の情報にアップデートし続けることが重要ですね。

この記事が皆様の参考になれば幸いです。