オウンドメディア戦略!ライティング能力の高いライターの外注方法

オウンドメディア戦略!ライティング能力の高いライターの外注方法

こんにちは、リベルタの藤岡(@liberta_corp)です。

オウンドメディアを運用するにあたり、一番大変で苦労するポイントは

予算内で能力の高いライターを起用する」事だと思います。

この記事では

  • オウンドメディアでライティング能力の高いライターを起用する
  • 低予算でライティング能力の高いライターを起用する

についてご説明します。

オウンドメディアでライティング能力の高いライターを起用する

オウンドメディアではライターのライティング能力が成果を左右するといっても過言ではありません。

どのような方法で良いライターを探すのか「そもそもいいライターとは?」何なのか。順にご説明します。

ライティング能力の高いライターの定義

ライティング能力の高いライターとは「コンバージョンを理解している」ライターのことです。

例えばサイトの最終目的(コンバージョン)が「商品購入」であれば、読者が商品購入をするような導線を意識したライティングが必要になります

ブランディング」が目的であれば企業理解が出来るライターさんが「ライティング能力が高い」と言えます。

まとめると

良いライター=コンバージョン理解したライティングが出来る

という図式です。

能力の高いライターはどこにいるのか

サイトの予算や目的により能力の高いライターの定義は変わりますが、

能力の高いライター=報酬が高い

という風に思っていただいて間違いありません。

なぜならコンバージョンを理解しているライターは、自分でブログを運営したり、マーケティング企業に就職してしまうなどして自活する術を身に着けているためです。

特に実績や経験を持つライターは需要がかなり高く、仕事を選べる状況になっています。

ランサーズで1記事1500~3000円という単価ではなかなか見つけることは難しくなるでしょう。

低予算でライティング能力の高いライターを起用する

ライターにかける予算を出来るだけ抑えたい時には、実績がまだ何もないライターを起用するしかありません。
しかし、実績がないライターを起用することはリスクが高く

「安いと思って発注した⇒失敗した!」

という経験のある方は少なくないと思います。

リスクを最小限に抑えながら、低予算でライターを探す方法をご説明します。

契約前に1記事テストで書いてもらう

本契約の前に、短い記事でいいのでテスト記事を書いてもらいます。

その際は 3000文字=3000円 (1文字1円) 程度の予算で充分です。

テストの内容は下記の3つの観点から採点します

1.出来るだけ専門的で難しいテーマで書いてもらう

例 「不動産売却の固定資産税の計算方法」という専門的で難しいテーマ

良いライター 
⇒読者にもわかりやすくシンプルかつ、税金の計算の具体例を作成したり、不動産用語や数値を入れることができる。

悪いライター
⇒簡単すぎる内容か、難しい言葉を使いすぎた説明のどちらかになる。

2.文章構成を細かく指定する

テキスト依頼の際には最終的なデザインも考慮して依頼します。

「見出しはこうしてください」「語尾はこのように」などです。

それらが対応出来ているかをチェックしましょう。

3.無駄なテキストが含まれていないかチェック

文字数で報酬をカウントするため、悪いライターさんだと導入を無駄に長くしたり、構成の一つ一つが長くなりがちです。

とくに、文体が大きく変化している箇所があれば他サイトから引用している可能性が非常に高いので注意してください。

 

以上3つのポイントをクリアできるライターさんを積極的に起用していきましょう。

SEO対策は社内でマネジメントする

ライターさんを見つけたら、SEO対策のキーワード出しは依頼元が行い、ライターへ指示を出します。

依頼例

キーワード「不動産 売却 固定資産税 計算」
⇒タイトル 目次 本文中10か所前後 
※タイトル ⇒煽り文はNG
税の計算式はこちらのサイトを参照してくださいhttp;~

このような依頼方法だとライター側もわかりやすいかと思います。

ライターからの提案、要求は検討する

これはライター発注というより、外注全般に言えることですが

ライターさんも人間なので、依頼元の印象が良ければ頑張って記事を書きますが
このクライアントなんとなくいやだな~」という感情だけでサボったりしてしまう事があります。

外注の場合コミュニケーションをとることが難しいケースが多いですが、ライターさんに最高のパフォーマンスを発揮してもらえるような環境づくりも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • オウンドメディアでライティング能力の高いライターを起用する方法
  • 低予算でライティング能力の高いライターを起用する

について解説しました。

良いライターさんとの出会いは難しいですが、ポイントを押さえた発注を心掛ければ、必ず出会う事ができるはずです。

この記事が、新たな出会いのきっかけになれば幸いです。