MEO対策(ローカルSEO)Googleマップ集客について解説【IT・マーケティング用語】

MEO対策(ローカルSEO)Googleマップ集客について解説【IT・マーケティング用語】

MEO(Map Engine Optimization)とは、Google MAP向けの地図エンジンで最適化を図ることをいいます。

今や『ネットの看板』とも言われるGoogleマップのビジネスページは、飲食店や美容室などの店舗型サービス業では必須の対策です。

この記事ではMEO対策についての概要とその始め方について解説します。

 

MEO対策(Googleマップ集客)の概要

MEO対策を簡単にいうと

「Googleマップの検索結果を上位3位以内にすること」

という風に言い換えられます

また、上位3位以内に表示にするためには

  • 知名度(ネット上で名前が出ている頻度)
  • 検索キーワードとの関連性
  • 検索ユーザーの距離

これら3つの要素が大きく関係しています。

 

MEO対策(Googleマップ集客)の重要性

店舗型のサービスにおいてMEO対策は「今最も取り組むべきWEBマーケティング」であると言われています。

その理由は非常に簡単で、公式サイト、食べログなどの情報サイト、口コミなどのブログ、まとめサイトなどよりも、Googleマップの情報が検索結果上位に表示されるから、です。

例えばGoogle検索で「居酒屋 東京駅」と検索してみると、下記のように表示されます。

検索ユーザーが一番初めにみる最上位に、Googleマップの検索結果(上位3位まで)が表示されています。

食べログやまとめサイトなどの情報サイトはGoogleマップの下に表示されています。店舗名などで検索しても、公式サイトはGoogleマップの下に表示されることになります。

これがネットの看板とも言われるゆえんで、ここに表示されている or 表示されていない、の違いが大きな差を生んでいるのですね。

 

MEO対策(Googleマップ集客)の始め方

MEO対策の専門業者も多く生まれていますが、最低限の対策であれば個人でも始めることが可能です。

その手順を解説します。

 

1.Googleマイビジネスを作成する


https://www.google.com/intx/ja/business/

まずはGoogleマイビジネスを作成します。

マイビジネスとは、事業の住所、電話番号、営業時間などをネット上にアップできるGoogleの無料サービスです。

ここに入力した内容がGoogleマップに反映されるんですね。

 

2.項目を出来るだけ多く埋める

マイビジネスの項目を出来るだけ埋めていきます。

この項目がGoogleの評価基準にもなるので、ミスや記入漏れの無いように気を付けてください。

悪質なMEO業者の場合、キーワードをビジネス名に埋め込むなどGoogleのガイドラインに反した方法でMEO対策をされることがありますが、最悪の場合アカウントの停止or削除をされてしまうので、誤った情報は入力しないようにしましょう。

 

Googleの口コミを集める

MEO対策では「ネット上の知名度」が大きな影響力を持っています。

簡単にこの知名度を上げる方法として、来客したお客さんに口コミを入力してもらう施策が有効です。

QRコードなどを利用して、Googleマップに口コミや☆の評価をしてもらうことで少しずつネット上の知名度を上げることが出来ます。

 

ユーザーはGoogleに集まっている

今や『ネットの看板』とも言われるGoogleマップのビジネスページは、飲食店や美容室などの店舗型サービス業では必須の対策です。

何十万もかけてサイトを構築することもあると思いますが、店舗型の事業では公式サイトよりも無料で出来るGoogleマップの重要度の方が高いでしょう。

この記事が参考になれば幸いです。

 

【店舗への集客にお困りの方は必見!】

・「ネットのことはよくわからない!誰かに任せたい」
・「上位に表示されない」
・「成果につながっているのか、アクセスを分析したい」

というお悩みがあれば、

・初期費用無料
・月額0円~27,900円(上位3位以内表示×日数)

非常に低価格で個人事業主・中小企業向けにMEO対策のコンサルティングも行っております。
MEO対策でガンガン集客を伸ばしたい方は、こちらからお問い合わせ。