トリプルメディア(POE)について解説!【IT・マーケティング用語】

トリプルメディア(POE)について解説!【IT・マーケティング用語】

ビジネスのマーケティングにおいて、メディア(媒体)をどのように選び利用するかは「戦う前に武器を選ぶ」ことに似ています。

今回はそんなマーケティング理論の中でも重要度の高い「トリプルメディア(POE)」という概念について解説していきます。

この記事では

  • トリプルメディアの概要
  • 現代のマーケティング媒体の選び方

について解説していきます。

 

トリプルメディアの概要

その名の通りトリプルメディアは3つのメディア(媒体)の総称です。

 

 

トリプルメディアはその特性から3つに区別されます。

 

オウンドメディア(owned media)

オウンド(所有する)という意味で「自社で運営・管理しているメディア」をオウンドメディアと呼びます。

自社のウェブサイトやブログ、TwitterやFacebookなどのSNS、フリーペーパーなどもオウンドメディアです。

自社で管理しているので情報を思い通りに動かしやすいという特徴を持っています。

 

ペイドメディア(paid media)

ペイド(支払う)という意味で、「広告費を払ったメディア」をペイドメディアと呼びます。

アナログだと新聞広告や、電車のつり広告、スポンサード。デジタルだとFacebook広告やGoogle広告がこれに該当します。

費用を払っている分、他の二つよりスピードが速く、直接的な効果があるため費用対効果の検証がしやすいところがポイント。

 

アーンドメディア(earned media)

アーンド(獲得)という意味で、Facebookの「いいね」や掲示板の書き込み、他のサイトでの評価などを獲得する媒体をアーンドメディアと呼びます。

例えばラーメン屋が行列になっていると「あのラーメン屋はおいしいのかな?」と思いますよね。

同じように「いいね」や「リツイート」「食べログの星」などを獲得することは顧客の購買意欲を高めるため、アーンドメディアと呼ばれています。

 

現代のマーケティングの戦略

それでは、ここから実際にトリプルメディアを使ったマーケティングについて解説していきます。

 

昔はペイドメディア一強だった

近年までダイレクトにターゲットへ情報を伝える「ペイドメディア」でマーケティングは成り立っていました。もちろんペイドメディアは今でも強力な媒体ですが、広告に限らずインターネット上では様々な情報が溢れかえっており

広告⇒即購入

このような施策のコンバージョン率(成約率)は年々下がってきているのが現状です。

 

どれか一つではなく相乗効果を考える

トリプルメディアは情報を届けたいターゲット顧客にダイレクトに届けるという一過性のメディアではなく、それぞれが影響を与え合っています。

車の販売会社の例

  1. ペイドメディア
    ⇒「車を買いたい人はカーマーケット!」というFacebook広告を打つ
  2. オウンドメディア
    ⇒広告を見た人がウェブサイトを訪問し、サイトの写真イメージを見て購買意欲を高める
  3. アーンドメディア
    ⇒実際に車を買い、店舗の雰囲気や価格についてTwitterで感想ツイート
  4. オウンドメディア
    ⇒感想ツイートを見た人がウェブサイトを検索…⇒2へ

このように一つのメディアが決め手になるというよりも互いに影響を与え合い、最終的なコンバージョンを獲得するモデルがトリプルメディアの戦略になります。

 

媒体ごとに変わる集客チャネル

トリプルメディアは媒体ごとに集客チャネルが微妙に異なってきます。

10~20代をターゲットにした美容系の商品であれば、トリプルメディアの中でもアーンドメディアが大きな配分を占めています。

また40代男性をターゲットにした金融商品などであればペイドメディアとオウンドメディアを組み合わせた戦略が必要になります。

このようにターゲットにしている顧客の層によってメディアにかけるリソースは異なってきます。顧客が各メディアをどのようにたどって購買に至るのか、導線を組み立ててメディア運用をすることが大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は

  • トリプルメディアの概要
  • 現代のマーケティング媒体の選び方

について解説しました。

この記事が参考になれば幸いです。