経営者がWebマーケティングについて最低限知るべきこと3つ【2019年】

経営者がWebマーケティングについて最低限知るべきこと3つ【2019年】

会社の行く先を決定する「経営者」には様々な能力が求められます。

部下をマネジメントする能力、他社との交渉力など様々ですが、なかでも案件を獲得する「マーケティング力」は企業の生命線です。

会社を車に例えると、運転がどんなに上手でも「ガソリン=売上」がないと走れないからですね。

今回は経営者が知るべきWebマーケティングについて3つのポイントで解説します。

1.経営者にとってWebマーケティングは「施策」の一つ

マーケティングとは「商品が効率的に売れるようにする企業活動」のことです。

営業マンがする飛び込み営業もマーケティングですし、効率を上げるためにリストを作ることも、市場調査してターゲットをセグメントすることもマーケティングと呼ばれます。

Webマーケティングはそれらの活動のうち「Webを使ったマーケティング」のことを指します。

 

Webマーケティングが得意なこと

Webマーケティングは「目の前にいない新規客」にリーチすることが得意です。

「検索」「SNSでのシェア」「広告」を通して、アナログな「電話営業」や「DM」では到達できなかった客層に到達することが可能になります。

このような「新規客を獲得する!」という時に、Webマーケティングは検討すべき施策なのですね。

 

Webマーケティングが苦手なこと

新規顧客を大量に獲得できるWebマーケティングですが、苦手なポイントが2つあります。

それは

  • 「成果が出るまでに時間がかかる」
  • 「確実な効果は見込めない」

ということです。

例えば「今月中にあと10件獲得しないとダメだ!」という場合にネットで募集するより電話や飛び込み営業の方が効果的です。

また「10万円広告費・製作費につかった」場合でも、どういう効果があるのかは「やってみるまで分からない」というのも大きなデメリットです。

 

経営者が知るべきWebマーケティングの運用方法

Webマーケティングでの集客には段階に応じた「型」があります。これを知らずに多額の資金を「広告」や「コンテンツの制作費」のみにつぎ込んでも、狙った成果を出せる可能性が低くなってしまいます。

本記事では、最も再現性の高い方法についてご説明します。

Webマーケティングで大切なトリプルメディアの概念

今、ネット上に存在する「メディア(媒体)」の中でも重要な考え方にトリプルメディアと呼ばれるものがあります。

それぞれの役割

オウンドメディア 所有しているメディア ブログやTwitter
アーンドメディア ユーザー反響 SNSのシェア、口コミ
ペイドメディア 課金メディア(リスティング広告)  広告、インフルエンサーの起用

ユーザーの誘導方法

トリプルメディアの活用では、それぞれのメディアの役割を意識し、ユーザーを誘導する仕組みが必要です。

車の販売会社の例

  1. ペイドメディア
    「車を買いたい人はカーマーケット!」というFacebook広告を打つ
  2. オウンドメディア
    広告を見た人がウェブサイトを訪問し、サイトの写真イメージを見て購買意欲を高める
  3. アーンドメディア
    実際に車を買い、店舗の雰囲気や価格についてTwitterで感想ツイート
  4. オウンドメディア
    感想ツイートを見た人がウェブサイトを検索…⇒2へ

このように「一つのメディアに頼る」のではなく、それぞれのメディアを活用することでで相乗効果が生まれ、リーチできるユーザーの数と購買力が増すことになります。

トリプルメディアの活用についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

マーケティングの媒体って?トリプルメディア(POE)について解説!

 

Webマーケティングでは販売ではなくリスト作りを目指す

あらゆる企業がWebマーケティングに多大な資金・労働力を割いているなか、購買力の高いユーザーだけを集めるのは至難の業です。

そこで集めたユーザーに直接販売するのではなく今は購買力の低いユーザーでも「育成する」という考え方が有効です。

 

パイプライン管理

広告やコンテンツマーケティングでサイトに誘導したユーザーに、いきなり「商品を買ってくれ!」と言ってもなかなか購入ボタンは押してくれません。

そこで「無料で資料を配信!」や「今なら1カ月無料体験中」のように、ユーザーメリットの高いコンテンツと引き換えにメールアドレスを取得するという手法が適しています。

購買力の育っていないユーザーへメルマガの配信や、LINE@配信、セミナーへ誘致することで、ユーザーを育成することができます。

 

まとめ

今回は経営者が知るべきWebマーケティングについて3つのポイントをご紹介しました。

まとめると

  • Webマーケティングは施策の一つ
    新規客の獲得は得意だが、確実ではなく時間がかかる
  • トリプルメディアの活用
    「広告」だけ「コンテンツ」だけではなく、それぞれの相乗効果を狙う
  • Webマーケティングでは販売ではなくリスト作りを目指す
    購買力の高いユーザーは少ないので、育成できる見込み客リストを作る

この3ポイントをご紹介しました。

Webマーケティングに悩む方へ参考になれば幸いです。