LP(ランディングページ)とは?5分で理解するLPの基本と作成方法【IT・マーケティング用語】

LP(ランディングページ)とは?5分で理解するLPの基本と作成方法【IT・マーケティング用語】

LP(ランディングページ)はWebサイトで収益を上げるための必須のページです。

今回は、LPの「基本」と「作成方法」についてご紹介します。

 

LP(ランディングページ)の基本

LPとは「1つのページで商品やサービスの紹介、申し込みまでを完結」させたページのことです。

リスティング広告やコンテンツマーケティングで集めた検索ユーザーをこのページに誘導し、申し込みを促すことでWebサイトは収益を上げています。

 

LPはなんのために必要なのか

サイトにきた見込みユーザーは大きく分けて4つに分類されます。

  • 買うつもり
  • いつかは買う
  • 他社と迷っている
  • 今は買わない

このうち今は買わない人に対し、長文の商品説明をしたブログ記事は効果的ではありません。そこで「興味のある人はこちら」とLPへ誘導し、見込みの高いユーザーにのみアプローチをします。

このようにLPはユーザーを選別し、より購買意欲の高い層へアプローチする役割を担っているのですね。

 

LPサイトの作り方

LPサイトは1ページで必要な情報を盛り込まなければならず、高いライティングスキルとサイトデザインのスキルが必要になりますが、無料ツールなどで作成することも可能です。

 

無料ツールで作成する


ペライチ
URL:https://peraichi.com/

豊富なデザインテンプレートから好みのデザインを選ぶことができ、簡単にサイトを作成することが可能です。

独自ドメインを利用したり、特定のデザインは有料になってしまいますが、簡単なLPであればこちらで十分作成可能です。

 

サイトの制作業者に依頼する

商品LPがビジネスの収益の要になる
きれいなデザインでないと、ブランド力の低下が気になる

このような場合には費用は掛かりますが、サイト制作業者にLP制作の依頼することも検討できます。

費用としては、サイトの規模によって変動しますが
およそ10~50万円  が相場です。

※LibertaでもLPの作成を承っていますので、お気軽にお見積り相談下さい。
https://www.liberta-corp.jp/service/

 

LPサイトの重要性

広告費を多額にかけて、多くのユーザーをサイトに呼ぶことに成功してもLPが貧弱であれば製品は売れず、収益を上げることは出来ません。

もしもLPに予算をかけられるほどの余裕がなければ、デザインのテンプレートを利用したり、同業他社のサイトを参考にして作成してみることをオススメ致します。