読者を共感させる!ブログの導入で離脱させない文章の書き出し方

読者を共感させる!ブログの導入で離脱させない文章の書き出し方

せっかく時間をかけて書いたブログは最後まで読んでほしいですよね。しかし、書き出しで失敗してしまうと「なんだかわかり辛いなぁ」と思われてしまい、すぐに離脱されてしまいます。ブログにとってそんな「文章の書き出し」は最も重要な部分です。

今回は導入で離脱させない文章の書きだし方についてご紹介します。

文書の書き出しをマスターすれば、ブログを最後まで読んでもらえる可能性がぐっとあがりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

文章の書き出しは5つの構成で考える

文書の書き出しで大切なことは「読者の悩みの解決」です。

短い導入部分で、「この文章を読めば悩みが解決しそう!」と思ってもらう必要があります。

書き出しは5つのセクションに分けて書くことがオススメです。

 

1.読者の悩みを明確にする

書き出しの一番初めに「読者の悩み」を提示しましょう。「自分のことだ!」と読者が深く感じることができれば、記事を最後まで読んでもらえる可能性が高まります。

ただし、SEOで設定したキーワードからズレないように注意してください。

 

2.読者の悩みに対して共感する

初めに提示した悩みについて理解を示し、共感します。例えば「恋愛で悩んでいる」読者が「恋愛をしたことがない人」の話を参考にはしませんよね?

同じような悩みがあったけど、〇〇したら解決した!という話が読者には深く刺さります。

 

3.悩みの解決方法を書く

読者の悩みと共感を示したところで、解決策を提示します。この解決策が意外なものであればあるほど、読者には刺さります。

例えば「受験勉強に悩んでいた時、勉強を辞めて〇〇したら効率が上がった」などです。

 

4.記事で述べていること

3.の悩み解決に近いですが、記事で述べていることを簡潔に提示しましょう。

長々と書かず、要点をまとめた内容が好まれます。

 

5.記事を読むことで得られる未来

この記事を読み終えたらどうなるのかを提示します。当然、一番はじめに提示した「読者の悩み」を解決した内容で書きましょう。

 

文章の書き出しの例

  1. ブログの書き出しについてお悩みでしょうか?
  2. 書き出しで読者が離脱してしまい、せっかく書いた記事がもらえないのは悲しいですよね。
  3. 実は、文書の書き出しは5つのセクションで分けることで簡単に改善できます。
  4. 今回は書き出しが書けるようになる5つのセクションをそれぞれ解説していきます。
  5. 文章の書き出しが上手くなれば、読者の離脱率が下がり、ブログを最後まで読んでもらえる可能性を上げることができますよ。

このように5つのセクションに分けることで「読者の悩み⇒解決」を表現することが出来ます。

 

文章の書き出しで8~9割が離脱する

文書の書き出し部分はいわば「人の顔」と同じです。第一印象で「なんだか頼りない」人の話は聞きたくなくなってしまいます。

逆に言えば、導入でしっかり読者の心をつかむことに成功すると、最後まで読者は信じてついてきてくれるんですね。

ブログの一番重要な部分ですので、この機会にぜひマスターしてみてください。