マネー総合研究所の杉田 卓哉さんにLibertaを利用してみた感想を頂きました!

マネー総合研究所の杉田 卓哉さんにLibertaを利用してみた感想を頂きました!

こんにちはリベルタの藤岡(@liberta_corp)です。

私が運営するLibertaが、どのようなサービスを提供しているのかお伝えする手段として、
実際に利用いただいているお客様にインタビューを実施いたしました。

今回のゲストは、マネー総研所長の杉田卓哉さんです。

オウンドメディアの活用方法から、ご自身の経営理念、苦労されたポイントまで触れさせて頂きました。インタビューを文字起こしした、対談形式でお送りします。

お客様プロフィール

一般社団法人マネー総合研究所・代表理事

杉田 卓哉さん

1974年2月兵庫生まれ。北九州市立大卒。財形や投資などマネーに関する専門家。大手精密メーカー・オリンパスに勤務していたサラリーマン時代に不動産投資を行い、5000万円の家賃年収を得てリタイアしたことから、不動産投資を核とした財産形成を得意としている。現在は2つのオウンドメディアを運用するサイトオーナー。

オウンドメディアを始めたきっかけ

杉田さんは投資家として成功された後に、ビジネスにおいても常に業績を伸ばし続けています。

様々な側面を持つ杉田さんが、どのように自身のメディアを運営し、ビジネスに活用しているのか。

今回は忙しいスケジュールの合間を縫って、特別にインタビューの機会を頂きました。

経営者なので「このまま同じやり方で大丈夫だろうか?」というのは常に考えていました。

藤岡
藤岡
お忙しいところお時間をとって頂いてありがとうございます。
早速ですが、杉田さんは不動産投資や事業会社の経営だけでなく、マネーの専門家としての著書も多数出版されており、様々な形態でメディア活用をされていますよね。
メディアでの活動を始めようと思ったきっかけなどはあったのでしょうか

 

最初は漠然と「ネット集客のチャンネルは持った方がいいだろう」と考えたことがきっかけでしたね。
もちろん会社の通常のウェブサイトは持っていましたし、アナログな集客でもある程度の収益は出せていたんですが、やはり経営者なので「このまま同じやり方で大丈夫だろうか?」というのは常に考えていました。
そんな時、いま流行りのオウンドメディアで集客することを思い立ったのがきっかけです。
杉田さん
杉田さん

 

藤岡
藤岡
なるほど。集客チャンネルを増やしたいという明確な目的があったんですね。

 

そうですね。私はマネーの専門家としての立ち位置を確立していますが、最近はそれだけでなく「人生を謳歌する」というテーマのもと、お金のほか、健康や人間関係といった複数のカテゴリーで情報発信をしており、それぞれの顧客層を集客したいと考えていたのです。
杉田さん
杉田さん

 

自分で動いてみることで、すぐに「自分一人でやるのは非効率だ」ということに気づきました

藤岡
藤岡
実際にメディアを運営してみて大変なことなどはありましたか?


初めは自分でやってみよう!と思い色々調べてみたのですが、初めは「SEO対策」とか「コンバージョン」とか、単語から全然意味が分からなかったですね(笑)自分でも勉強してましたが、これは一人で構築するのは大変すぎるな、と。そこからWebマーケティングに詳しくて、ライティングのアドバイスをくれる協力者を探し始めました。
杉田さん
杉田さん

 

藤岡
藤岡
杉田さんもご自身で勉強されたりなど、見えない部分での苦労が大きかったんですね。

 

実際に自分で動いてみることで、すぐに「自分一人でやるのは非効率だ」というのに気づきましたね。なにせ、Webサイトの構築、運用、管理、記事の更新、スケジュール管理などなど……情報を届けるまでにやらなければいけないことが山のようにあったので。これは私がやるべき仕事ではないなと思いました。
杉田さん
杉田さん

 

「半年間もライティングし続けていた」と思うとぞっとします。

藤岡
藤岡
実際にLibertaのサービスを受けてみて、いかがでしたか?

 

サイトの構築からSEO対策までしっかりやってくれているので、まず安心感がありました。初めは訪問者が想定値よりも伸びず「これ、大丈夫なのか」みたいな不安もありましたけど(笑)
杉田さん
杉田さん

 

藤岡
藤岡
あはは(笑)すみません(笑)

 

藤岡さんが週間レポートのたびに「今は種まきです!必ずのびます!大丈夫です!」って言ってくれて、実際に半年ほどたった頃、CTAのダウンロード数も伸び始めた時には「おおっ!」と思いました。
杉田さん
杉田さん

 

藤岡
藤岡
やはり堅実なSEO戦略だと3か月〜半年くらいはかかってしまいますね。

 

もし自分で運用していたら「半年間も一人でライティングし続けていた」と思うとぞっとします。

……あっ、Libertaのサービスでいいなと思ったところですが、ライターさんと密に打ち合わせできたところが一番大きいですね。
杉田さん
杉田さん

 

藤岡
藤岡
こちらから振る前にPRありがとうございます!(笑)
杉田さんは原稿チェックだけでなく目次作成まではご自身でされてたんでしたよね。

 

ここはこだわりの部分でもあったのですが、ライターさんに代行でライティングして頂けるとはいっても、読者は私自身の情報を見に来ているわけですので、記事の大筋は自分で作りあげたいなと思ってやっていました。

とはいえ、お客さんが求めることと、Googleなどの検索エンジンが求めることとには、やはり多少の差があります。
その隙を埋める作業、たとえばSEO対策(検索エンジン対策)のテーマ決めやキーワード選定などをLibertaさんでやって頂けてたので、作業としては効率的だったと思います。
杉田さん
杉田さん

 

「これはこういう理由で~」と説明してもらえたので、互いに意見を出し合える空気がやりやすかったですね。

藤岡
藤岡
ライターとのやりとりはどのようなことが主でしたか?

 

初めはライターさんから業界についてすごい量のヒアリングがありました。私は専門家としての情報を持っていますが、ライターさんは私と同じレベルの情報を獲得していない分野もありましたので、その差を埋めるヒアリングを密にしていただきました。
それでも、2か月目くらいからはメールやチャットワークでのやり取りがほとんどになっていましたね。
杉田さん
杉田さん

 

藤岡
藤岡
確かにサイトの方針を決める段階なので、最初の方の打ち合わせは長めに取らせて頂いてますね。

 

初めからこちらの要望にも細かく答えてくれたのは助かりました。

「この言葉は私は使わないな」とか「こういう言い回しをしてほしい」とか、かなり細かく指定したんですけど、すべて対応してもらえたのがうれしかったです。

もちろんそれがキーワードだったり、文章構造上で重要な時は「これはこういう理由で~」と説明してもらえたので、互いに意見を出し合える空気がやりやすかったですね。
杉田さん
杉田さん

 

杉田さんが今後メディアを利用してされること

藤岡
藤岡
2つのオウンドメディアを運用されていらっしゃいますが、今後はどのような展望を考えていらっしゃいますか?

 

まずは、既存のオウンドメディアを、社会的にも意義のある役立つサイトに育てることが、結果的に収益アップにつながる近道だと思っています。

ある程度オウンドメディアが育ってきたら、次は広告費を投入してリスト取りを加速させたいと考えています。そのうえで、メルマガやTwitterなどのプッシュ型のメディアと連動性を持たせ、多くの顧客にタイムリーに情報をお届けできる体制を構築したいですね。
杉田さん
杉田さん

 

藤岡
藤岡
メディアを収益だけを追い求めるようなツールと捉えていないということですね。今もすでにLINE@やFacebookなどのSNSも活用され、YouTubeでもチャンネルを持たれていますが、今後はそれらのメディアツールをどのように活用されるのでしょうか?

 

これからは動画検索の時代とも言われていますので、もちろんYouTubeなどもフル活用しています。が、私としてはプラットフォーマー(※ネット上に大規模で広域なサービスを展開している巨大IT企業)に依存することなく、いつの時代でも、どの会社がサービス提供をストップしても、顧客リストやそこからの収益を失わない顧客管理体制を作りたいと思っています。

具体的には顧客の居場所を把握すること、趣味趣向を常にリサーチして興味対象の商品を提案すること、この2点を強化していくためのメディア運営をやっていくつもりです。
杉田さん
杉田さん

 

藤岡
藤岡
本当におっしゃる通りで、徐々にGoogleの検索アルゴリズムに従来の小手先のSEO対策は通用しなくなりました。
今後は、本当の意味で顧客目線に立ったマーケティングが必要になります。

杉田さんほどの知識や目線をクライアントの皆様が持たれているわけではないので、私たちWebマーケター側も本来のマーケティングの意味に立ち返って、お客様の課題に一歩踏み込んだ視点と提案をしていかなければなりませんね。

インタビューは以上です。
杉田さん、お忙しいところお時間を頂きありがとうございました!

こちらこそ、ありがとうございました!
お疲れ様でした。
杉田さん
杉田さん


藤岡
藤岡
(……最後まで優しい!)ありがとうございました!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

杉田さんは現在「人生を謳歌するブログ」というサイトを運営中です。

「人生を謳歌するブログ」 こちらをクリック

今回のインタビューで印象的だったのが、杉田さんほどマーケティングの先見の明をもって勉強をされ、詳しい方であっても「1人で1からメディアを作る」というのは、やはり相当ハードルが高いということでした。

また「もう少しサービス内容の話が聞いてみたい!」などがあれば
こちらのお問い合わせ からご質問をお待ちしております。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。