検索から完全削除?Googleで禁止されているSEO対策のガイドライン【2019年版】

検索から完全削除?Googleで禁止されているSEO対策のガイドライン【2019年版】

Googleの検索順位を上げることをSEO対策(検索エンジン最適化)と言います。

このSEO対策を「ユーザーの利便性」を考えずにGoogleのシステムの穴をついて行うことをブラックハットSEOと呼び、Googleではこのような行為を明確に禁止しています。

悪質な場合には検索結果から完全に削除されることもあるので、しっかり把握しておきたいですね。

今回はGoogleが提示している明確な禁止行為について解説していきます。

 

禁止されているガイドライン

コンテンツの自動生成

テキストを自動生成するツールを使い、コンテンツを大量に作成する手法です。Googleでは特定のキーワードを含むコンテンツを上位表示していたので、その裏をつく行為ですね。ワードサラダなどとも呼ばれ、このような手法は明確に禁止されています。

 

リンク プログラムへの参加

リンクの売買や、過剰な相互リンク(リンクファーム)を禁止しています。

被リンク(他サイトからリンクしてもらう事)を多く受けているサイトは上位表示される傾向にあり、リンクの売買は盛んにおこなわれていました。

ガイドライン上だと「特定の商品について記載しリンクを設定してもらうのと引き換えにその商品を「無料」で送る」ことも禁止されており、知らずにやってしまっているケースもありそうですね。

 

オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成

複数の他サイトのコンテンツをコピーし、組み合わせて作られたサイトです。既に上位表示されているサイトのコンテンツをコピーすれば高い効果が得られますが、こちらも明確に禁止されています。

 

クローキング

Googleはクローラーと呼ばれるロボットを使いネット上のサイトを見つけ、検索順位を決めています。

このクローラーに渡す情報と、実際にサイトに表示される情報を分ける行為をクローキングと言います。当然こちらも発見されればペナルティの対象になります。

クローラーについてはこちら

検索順位はGoogleの蜘蛛が決めている?クローラーについて解説

不正なリダイレクト

リダイレクトとは、サイトに来たユーザーを自動で別のページにジャンプさせることです。サイトが移転した際や、申し込み完了ページからのジャンプなど、リダイレクト自体は便利な機能で禁止されていない行為です。

しかし、これを意図的に「全く関連の無い」サイトにリダイレクトすることは禁止されており、発見されればペナルティを課せられます。

 

隠しテキストや隠しリンク

検索結果を上位表示させるために隠しテキスト・リンクを含めることは禁止されています。

具体例

  • 白の背景で白のテキストを使用する
  • テキストを画像の背後に置く
  • CSS を使用してテキストを画面の外に配置する
  • フォント サイズを 0 に設定する
  • 小さな 1 文字(段落中のハイフンなど)のみをリンクにしてリンクを隠す

このようなユーザーに発見されにくい対策をしてしまうと違反になってしまう事があるので注意してください。

 

誘導ページ

誘導ページとは、特定のキーワードで表示されるサイトを複数作成し、どのサイトにアクセスしても最終的に1つのサイトに集約するページのことです。

かつては「ワードサラダ⇒リダイレクト」の組み合わせで運用されることが多かった手法ですね。

 

ガイドラインに載っていないこともペナルティになる

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

Google:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

 

Googleでは「検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。」ということをガイドラインの基本方針に掲げています。

過去の事例から具体例は提示されていますが、ユーザーの利便性を考慮していない行為であれば例に載っていない行為でもペナルティの危険性があります。

サイト運営で思わずペナルティを受けてしまわないよう、注意していきたいですね。