検索結果を上位に!サーチコンソールの設置方法

検索結果を上位に!サーチコンソールの設置方法

せっかくサイトを立ち上げても、運用方法を間違えてしまえばPV数(閲覧数)はなかなか上がりません。
似たような情報を提供している競合サイトよりも検索上位になるよう工夫する必要があります。
そこでサーチコンソールを設置します。

この記事では

◎Googleサーチコンソールとは
◎サーチコンソールの設置・運用方法

について説明します。

Googleサーチコンソールとは

簡単に言えば、「Googleがサイトをどういう風に見ているか」がわかるツールです。
サイトのPV数を上げるためにはこのツールを使い、「ほかのサイトよりも検索結果を上位にする」という対策が必要不可欠です。

Googleサーチコンソールでわかることを
3つに分けてご紹介します。

ページのクリック数

サイトのページごとのクリック数がわかります。
アナリティクスと連携させることで、カテゴリごとの戦略が立てやすくなります。

クリック率や掲載順位

検索結果で表示された際のクリック率、掲載順位がわかります。
「順位が高いにも関わらず、クリック率がよくない」
とかだと、タイトルや導入の文章を変更する。という使いかたが出来ます。

クエリ(ユーザーが検索時に入力する単語)

検索クエリのデータでは、ページが表示されたときにユーザーが検索しているキーワードがわかります。どんなキーワードで検索されているのか分析すれば、どういうキーワードでページを作っていくべきか?などを知ることができます

これらのパフォーマンスを常にチェックする必要があります。

サーチコンソールの設置方法

それでは実際にサーチコンソールを設置しましょう。

まだGoogleアカウントやアナリティクスを導入していなければ、先にそちらを登録したほうが良いです。

こちらを参考にしてください。

サーチコンソールの登録

まずは下記のリンクにアクセスしてください。

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

1.Googleサーチコンソールにアクセスし、「プロパティを追加」をクリック
2.サイトのURLを入力

これだけで登録自体は完了です。

アナリティクスとの連携

次にアナリティクスと連携します。

  1. Googleアナリティクスにアクセス
  2. 管理(歯車のマーク)をクリック
  3. プロパティ欄のSearch Consoleをクリックし、関連付けする。

これで連携が完了します。

まとめ

サーチコンソールの機能と設置方法の説明は以上です。
今後はこれらのツールから読み取れる情報を使って、SEO対策をしていくことになります。

PV数を上げるためには、まず初めの土台作りや基礎が大切です。
ぜひ、トライしてみてください。