【2019年最新!】Googleキーワードプランナーの登録手順を画像付きで解説します

【2019年最新!】Googleキーワードプランナーの登録手順を画像付きで解説します

こんにちは、リベルタの藤岡(@liberta_corp)です。

今回ご紹介するGoogleキーワードプランナーとは、

Google広告に搭載されているキーワード検索ツールのことで、Google広告に登録すると利用可能になります。

もともと広告出稿のためのツールなので、情報量も圧倒的に多いのです!ぜひこの機会に登録して使いこなせるようになっておきましょう。

この記事では

  • Googleキーワードプランナーだけ無料で登録する方法
  • Googleキーワードプランナーの基本的使い方

についてご説明します。

Googleキーワードプランナーだけ無料で登録する方法

キーワードプランナーはGoogle広告を出す際に利用するツールです。

登録時に支払い方法や、広告の登録などをしなければいけないのですが、すぐに停止させることで無料にて使うことができます。

1.Googleアカウントで登録する

Googleキーワードプランナー

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

こちらのアドレスにログインし、「今すぐ開始」をクリック

 

2.広告の目標

後から変更・追加可能です。任意のものを選んでください。

3.ビジネスの説明

ビジネスの名前はサイトの名称で大丈夫です。

またサイトのアドレスはお持ちのブログアカウントなどでも大丈夫です。

※この項目に限らずですが、他人のアカウントや虚実のアカウントやアドレスを利用し入力するのはやめておきましょう。

ターゲットとするユーザーの所在地

次へを選択

商品やサービスを指定する

任意のものを選んで次へを選択

広告を作成する

これも任意のもので大丈夫です。

空欄だと次へ進めないので「あ」や「テスト」等を入力してください

広告の予算を設定する

ここでは1広告当たりの予算を設定できます。

通常だとこの画面で予算内に広告表示がストップするよう設定できるのですが、今回は無料でキーワードプランナーだけを利用するのが目的なので、一番左に設定します。

単価0にはなりませんが、このあとすぐに広告を停止すれば料金発生しないので安心してください。

最後に広告の確認画面になるので間違いがなければ次へをクリック

お支払い情報の確認

ここは項目が多いですが、注意する点は下記の4つ

注意点

  1. 住所:※本当の住所が無難です。
  2. アカウントの種類:「個人」
  3. お支払いタイプ:「手動支払い」
  4. 支払い方法:「振込」

選択・入力を終えたら、送信をクリック

広告を停止する

登録が終わったら、すぐに広告を停止させます。
※ここを放置しても、支払いタイプが「手動支払い⇒振込」になっていれば問題ありませんが、使わない広告なので停止させておいた方が良いでしょう。

  1. ダッシュボードに移動し、先ほど作った広告の詳細をクリック
  2. 有効⇒一時停止 に変更
  3. Googleから停止に至ったアンケートが来ますが、任意のものを選択して完了

 

以上で登録は完了です。

Googleキーワードプランナーの基本的使い方

では登録が完了したところでキーワードプランナーの使い方のご説明をします。

 

エキスパートモードに切り替え

デフォルトのモードではキーワードプランナーが使えないので、下記の手順でエキスパートモードに切り替えましょう。

  1. ツールアイコン(工具のマーク)からエキスパートモードに切り替えます。
  2. エキスパートモードでもう一度ツールアイコンをクリック
  3. キーワードプランナーが表示されているので、クリック

これで完了です。

キーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーを起動させるとこのような画面になります。

左側の新しいキーワードを選択するをクリック

※この画面をお気に入り登録しておくと便利です。

新しいキーワードを見つける

このページで関連キーワードを見つけます。

ここではテストと入力しました。
テストに関連するキーワードが列挙されています。

横に項目が伸びていますが、見るポイントは

  • 月間平均ボリューム
  • 競合性

の二つのみです。

月間平均ボリューム

指定のキーワードが月間でどれほど検索されているかがわかります。

この数値は大きいほど良いですが、競合もその分多くなります。

競合性

低・中・高 と3段階に分かれています。
基本的には低のキーワードを選ぶのがベターでしょう。

このように、キーワードプランナーを使って検索ボリュームと競合性を調べることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • Googleキーワードプランナーだけ無料で登録する方法
  • Googleキーワードプランナーの基本的使い方

についてご紹介しました。

具体的なキーワードの決め方についてはこちらの記事も合わせて参考にしていただければ幸いです。

キーワードの決め方がわからない!無料で使えるサジェストツール【SEO対策】

この記事が皆様のご参考になり、助けになることを祈っております。