【2019年】初心者がGoogleアドセンスで稼ぐ!効果的な広告の種類と配置【WordPress】

【2019年】初心者がGoogleアドセンスで稼ぐ!効果的な広告の種類と配置【WordPress】

前回の記事 でGoogleアドセンスの自動広告ではなく、手動で設定することについて解説しました。

今回は手動で広告を配置する際の基本についてご説明します。

Googleアドセンスの広告の種類

手動の広告は

アドセンスのページから[広告]⇒[広告ユニット]を選択します。

初めに表示されるのはこの3種類です。
それぞれ役割が異なります。

ディスプレイ広告

スクエア、横長、縦長の3種類を選べる。サイズも自動で最適化できるため、Google推奨の広告。

インフィード広告

ブログ内の他の記事のアーカイブ内に紛れるように配置できる。
他の記事とデザインをそろえることで、クリック率を上げることが可能。

記事内広告

ディスプレイ広告よりさらに、フォントや背景の色など細かな設定が可能。
サイズも指定することが出来るが、玄人向けかも。

初期で使える広告スタイルは以上の3つです。

※画像には表示されていませんが、記事数や、アクセス数が伸びた際に新たに追加される「関連コンテンツ」機能があります。

関連コンテンツ

記事の内容に関連の深い広告を表示する機能。一定のトラフィックとサイトのページ数が必要。

アドセンスで収益を上げていくなら、この関連コンテンツ機能の解放が目下の目標になりますね。

ちなみに

私も今回新たなアドセンスを取得するまで気づかなかったのですが、テキストのみのアドセンス広告は廃止するような流れになっているようで、以前まで使えていた「リンク広告」も使えなくなっていました。

 

Advertisement

まずはディスプレイ広告を配置する

3種類の中で初心者が今すぐ実践できるのは「ディスプレイ広告」を記事内に挿入することです。

他の二つはブログデザインに合わせた設定が必要になりますので、先にディスプレイ広告を配置していきましょう。

 

アドセンスで効果を上げるための戦略

  • 「記事内に出来るだけ多く広告を配置する」
  • 「多くのアクセス数を獲得する」

この二つがポイントです。

 

記事内に出来るだけ多く配置する

出来るだけ多く配置することで、ユーザーの目にとまりやすくなる(インプレッションが多くなる)ことに繋がります。とはいえ、広告ばかりの記事だとユーザーが読みづらくなり、Googleからアカウントを停止される危険性も高くなります。

そこで、ユーザーからもGoogleからも嫌われずに出来るだけ多く配置する工夫が必要です。

 

広告を「基本の3か所」に配置する

WordPressの記事投稿では本文中[ adchord ]と入力すれば広告が表示されます。

下記の場所に挿入していきましょう。

1.導入文の下

ブログの書き出し(タイトルに続く文章)の最後にディスプレイ広告を挿入

2.H2タグの上

見出しが切り替わるタイミングで広告を挿入。話の大筋が切り替わるので、違和感が出にくい。

3.記事の下

記事の終わりに広告を配置。スクエアタイプを2つ並べるのがオススメ。

注意点

スマホの表示画面上で2つ広告が並んでしまうとGoogleの規定に反してしまい、アカウント停止のおそれがあります。記事が短い場合には注意してください。

 

アドセンスとアフィリエイトは平行できる?

アフィリエイトは少ないPVでもエンゲージメントの高いユーザーを集めることで収益化できる特性を持っています。

しかしアドセンスの場合、大量のPVを稼ぐトレンドブログのようなブログスタイルでないとPV数、クリック率を上げることは難しいでしょう。

実は私のブログも、自社の商品(ブログ運営・記事代行)の販売を目的としているコンテンツマーケティングですので、アドセンスとの相性はあまりよくありません。

アドセンスとアフィリエイトを平行することは可能ですが、全く違う戦略をもったブログ運営をしていくことが必要です。

配置だけにこだわらず、ブログの収益ポイントを考える

今回は基本の広告配置スタイルについてご紹介をしました。しかし、アドセンスで収益を上げるならば、まず自分のブログの特性を見極めることが先決です。

配置に関しても、ブログのデザインやスタイルによって最も効果的な配置は異なります。

試行錯誤しながら、効果測定を続け、最適な収益化ポイントを見つけていきましょう。