Googleアドセンス合格!手動で広告をサイトに表示させる方法【WordPress】

Googleアドセンス合格!手動で広告をサイトに表示させる方法【WordPress】

アドセンスに合格したら早速サイトに表示させてみたいですよね。

しかし、Googleからオススメされる自動広告に任せていると、変な箇所に広告が表示されてしまい、サイトの見栄えが悪くなってしまいます。

今回はアドセンスを手動で記事内に表示させる方法についてご紹介いたします。

Advertisement

アドセンスのページで広告を作成する

まず、アドセンスのページで広告を作成します。

「作成」というと大げさですが、非常に簡単なのですぐに完成しますよ!

 

左のカラムから「広告」をクリック。

「広告」を選択すると、自動広告の案内が最初に出てきます。
しかし、Google自動広告は非常に精度が悪いです。面倒かもしれませんが、あくまでも広告を貼るのは「収益を上げる」ため。

自動広告にせず、「手動」で、最低限の手間をかけて丁寧に対応しましょう。

 

「広告ユニット」をクリック

三種類の広告タイプが出てきますが、一番左の推奨の広告タイプをここでは選びます。

 

「名前」と「広告の形」を選択

広告に名前を付け、形を選びます。

「スクエア」「横長」「縦長」とありますが、自分のサイトのどこに表示するのか、全体のデザインバランスを見ながら検討していきます。

ここでは記事下に張り付ける想定で、スクエアを選択します。

 

保存するとコードが表示される

広告が完成させると、広告コードが表示されます。これをサイト側に入力することで広告を表示させることができます。

 

作成した広告のコードをサイトに入力する

先ほど作った広告のコードをサイト側に入力します。WordPressのテーマによって入力方法は異なりますが、まずは「記事下」に先ほどのスクエア広告を挿入してみましょう。

おそらく、外観⇒テーマ から「広告」に該当する項目があると思います。

ここで、先ほどのコードを入力すれば広告の設置は完了です。

 

注意点

スマートフォンで表示した際に、アドセンス広告が2つ出てしまう配置はNGです。

例えば記事内のアドセンス広告と、記事下のアドセンス広告が、同じ画面(1スクロール内)に表示されてしまうと、規約違反になってしまいます。

記事内にも表示させる際には注意してください。

 

テーマに広告を入力する項目がない

使っているWordPressテーマによっては広告を入力できる項目が無いということもあり得ます。その際は、HTMLのタグを自分で修正するか、テーマの変更を検討してください。

恐らく、このページを読んでいるかたのほとんどがHTMLに自信がないと思いますので、テーマの変更が望ましいかと思います。

2019年SEO対策に対応!優秀なWordPressテーマまとめ5選!(無料編)

2019年SEO対策に対応!優秀なWordPressテーマまとめ5選!(有料編)

 

 

アドセンス広告は奥が深い

広告の配置は奥が深く、サイトのデザインや記事(コンテンツ)の内容によって、収益効果が大きく左右されます。

今回は設置までの簡単な手順でしたので、次回以降、効果的な広告配置についてご紹介していきたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。