リスティング広告の種類とおすすめの活用方法!【Google広告】

リスティング広告の種類とおすすめの活用方法!【Google広告】

リスティング広告とは、平たく言うと「ネット上に出す広告」のことです。

インターネットで利益を出す場合、避けては通れない戦略の一つで、自社サイトのアクセスアップはもちろん、他社のマーケティングコンサルをするうえでも必要な知識です。

今回はこのリスティング広告の種類とおすすめの活用方法についてご紹介いたします。

 

リスティング広告の種類

リスティング広告は、Googleやyahooなどの大手検索エンジンに課金することで、各サービスを利用しているユーザーに広告を打てる仕組みになっています。

最大手はGoogleなので、ここからは「Google広告」の特徴からリスティング広告の手法についてご紹介します。

 

Google広告

 

https://ads.google.com

 

Google広告ではGoogleの検索エンジンや、Googleと提携して運営しているサイトに広告を表示させることが出来ます。

その配信手法は4種類です。

  • 検索連動型である「検索ネットワーク」
  • コンテンツ連動型である「GDN(Googleディスプレイネットワーク)」
  • 商品を直接掲載できる「ショッピング(商品リスト広告)」
  • 動画向けの「動画(YouTube)」

それぞれ解説しますね。

 

「検索ネットワーク」

特定のキーワードで検索したユーザーを対象に広告を打つことが出来るリスティング広告です。

例えば「ダイエット」というキーワードで検索したユーザーに対し、検索結果の上部にサイトを表示させることが出来ます。

人気のキーワードほど単価が高くなる仕組みです。

 

「GDN(Googleディスプレイネットワーク)」

Googleと提携しているサイト・サービスの広告スペースに表示させることが出来るリスティング広告です。

リターゲティング機能がついているため、ユーザーの「興味・関心」に基づいて関連の深い広告が優先的に表示させることができます。

 

「ショッピング(商品リスト広告)」

Googleの検索結果ページに商品リスト形式で広告を表示できるリスティング広告です。

ECサイトを運営するなら検討したい広告手法ですね。

 

「動画(YouTube)」

動画の視聴者を地域、時間帯、年齢、性別などの属性でセグメントをして広告配信が可能です。動画広告の中では最も細かくセグメントが行えるメニューです。

 

オススメの活用方法

リスティング広告の特徴は、SEOと比べて「早い」というのが最も特徴的です。

しかし、考えなしにビッグワードで広告表示させ続けるためには多大な広告費がかかってしまいます。

そこで広告運用で気を付けたい手順をご紹介します。

 

1.誘導サイト(LP)を用意する

広告で集めるサイトでユーザーにとってほしい行動を誘導するコンテンツを用意します。

例えば、ユーザーのメールアドレスが欲しいなら「メルマガ登録」。すぐに申込をしてほしいならエントリーフォームの設置などです。

このLPサイト最適化(LPO)は広告効果を上げるために最も重要なポイントです。

 

2.利用する広告を検討する

先ほど挙げた4種類のうち、どの広告を運用するのか検討します。

ただし、初めて広告をうつサービスなら

出来るだけ多くの種類を様々なケースで打ち出す⇒効果検証する というのが基本です。

 

3.ターゲットセグメントを決める

広告を見てほしいターゲットを選択します。年齢、地域、性別など細かな設定が可能です。

セグメントを広げるほど多くの人に見てもらえますが、サイトの目的(CV)から外れないように適切な範囲を決めるのが大切です。

 

4.広告を作成する

いよいよ広告を作成しますが、ここでも出来るだけ様々なパターンを検討しましょう。

私の場合、10種類程度の広告を運用して効果を検証しています。

 

5.効果検証⇒改善する

広告を打ったらあとは放置……ではなく、効果の推移をみて適宜改善を加えます。

「PVは稼げてるけどCVまで到達していない」
「CVになる確率は良いが、なかなかPVにつながっていないな」

など、広告ごとに色々な特徴が見えてきますよ。

 

広告運用するならまずは小規模予算から

以上が広告を活用する際の基本手順です。

もし広告予算が30万円だとする場合、数万円程度の少額予算を様々なパターンで試してから残りの予算を投入することをおすすめします。

まずは小さな予算でテストマーケをして「効果の高い広告手法で一気に成果を取る」というのが最もベターなやり方ですね。

 

リスティング広告はSEOやSNSでのフォロワー獲得にくらべ圧倒的にスピードが速く、サイトの改善点が多く見えてきます。興味のある方は是非、検討してみてください。

この記事がお役に立てれば幸いです。