Webマーケター資格!GAIQ合格までに勉強した3つのこと【Googleアナリティクス】

Webマーケター資格!GAIQ合格までに勉強した3つのこと【Googleアナリティクス】

こんにちは、Libertaの藤岡(@liberta_corp)です。

Googleアナリティクスの資格があるのはご存知ですか?

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)といい、なんとこの資格は試験・教材ともにGoogleが無料で提供しています。Googleのアカウントさえ持っていれば誰でも取得可能な資格なんです。

もちろん、履歴書や名刺にも記載できる公的な資格なのでコスパは最強です。

 

今回は私が実際に

  • GAIQ合格までに勉強した3つのこと

を解説します。

※この記事では私が実際に「勉強したこと」がテーマなので、GAIQの概要についてはこちらの記事を参照して下さい。

マーケター必須資格!無料でとれるGAIQ

 

 

GAIQ合格までに勉強した3つのこと

私の実際の勉強方法ですが、仕事の合い間に勉強しないといけなかったので
出来るだけ効率化して、ラクして取得したい」と考えてました。

そこで気を付けていたのは、下記の3つのポイントです。

 

  1. データの「取得方法・構造・処理方法」を理解する
  2. 単語を覚えまくる
  3. テストを受けて理解度を深める

 

順にご説明します。

 

Googleアナリティクスのデータ構造をざっくり理解する

Googleが提供する上級コースの教材は4つのユニットに分かれています。

  • ユニット 1: データの収集と処理
  • ユニット 2: データの収集と設定
  • ユニット 3: 高度な解析のツールとテクニック
  • ユニット 4: 高度なマーケティング ツール

この4ユニット

 

Google公式の教材ですが、IT用語が並んでいて初心者が始めて勉強するには難易度がかなり高いと思います。

ただ、内容は理解できるとシンプルで
どのようなデータがどういう風に蓄積され、どいう風に解析できるか
を説明しているんですね。

そこで私はまず
ざっくり全体の構造・流れを理解する
ことを心掛けました。

 

この中で登場する登場人物?は4人です。

◆ユーザー
 ⇒サイトの訪問者。

◆Webサイト(解析対象)
 ⇒ユーザーが訪問し、アナリティクスに解析される対象。

◆アナリティクス(Google)
 ⇒データを収集して解析する。その他のGoogleのサービスと連携する。

◆Web担当者
 どのようなマーケティングをするか考え、実行する人。

 

このように分け、構造と流れを理解することを優先します。

 

単語を覚えまくる⇒構造にまとめる

先ほどの4人の登場人物を書き込みながら、実際の教材(ビデオ or テキスト)を参照して単語をノートに書き込みます。

この時、文章や流れが理解出来ない時には、単語だけメモし読みとばしてOKです。

初めに構造を作っていることで、あとから同じ単語が出て来たときに
「あ!これとこれがつながるのか」
と理解することができます。初めはざっくり4ユニット分を消化しましょう。

※どうしてもわからない単語はテキストを頑張って読むのではなく、他サイトをググった方が早いです笑

 

試験を受けて理解度を深める

単語と構造を覚えたら実際にテストを受けます。

「え!まだ自信がない……!」と思っても大丈夫です。この試験は落ちても何度でも受けることが出来るので、試験を実際に受けて自分の理解度を上げていきましょう。

 

私も勉強開始してから4~5時間後くらいに試験を受けました。

1回目

この時、たまたま正答率67%といい点数がとれてしまったんですが、ここでは正解することが目的ではなく、「自分が何を理解していて、出来ていない」のかを確認する作業です。

理解していなかった部分を集中的に復習していきましょう。
私はスクショを取りながら試験を受けました。

 

3~4回目

テスト3回目くらいで合格しました。ちなみに制限時間は90分ですが、実際には40分前後で回答を終えていたと思います。
※同じ日には再受験が出来ないので注意してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

GAIQ合格までに勉強した3つのこと

について解説しました。

 

履歴書や名刺に記載できるだけでなく、GAIQは普段のアナリティクスの使い方の幅を広げるのにも適しています。

今まで「ユーザー数」とか「セッション数」だけ見ていた人でも、アナリティクスの理解を深め、さらなる成果につなげる可能性は高いですよ。

 

この記事が参考になれば幸いです。