今日からブログ開設!ドメインとサーバーの紐づけと初期設定【WordPress②】

今日からブログ開設!ドメインとサーバーの紐づけと初期設定【WordPress②】

前回の記事でドメインとサーバーの登録方法について解説いたしました。

今回はドメインとサーバーの紐づけを行い、ブログの土台構築まで一気に解説いたします。

この記事では

  • ドメインサーバーの紐づけ
  • 独自SSLの設定
  • WordPressのインストール
  • WordPressテーマの設定

 

以上の4つを順に解説していきます。

 

ドメイン側でネームサーバーの設定

ドメイン側の設定では、契約したサーバーによって入力内容は異なります。

前回の記事でオススメしたエックスサーバーの場合、下記の入力内容をそれぞれ入力します。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

※ドメインのネームサーバー設定で上記のように入力。

引用:ネームサーバーの設定(https://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_namesever_setting.php

 

サーバー側でドメインの設定をする。

次にドメイン設定画面からサーバー側でドメインの設定を行います。こちらはドメイン側の設定と違い、既に取得しているドメイン一つ入力するだけで設定は完了です。

もしもまだサーバーやドメインの取得を行っていなければ、こちらの記事を参照し取得してください。

今日からブログ開設!ドメインとサーバーの取得方法【WordPress①】

 

独自SSLの設定

独自SSLとはサイトの所有者情報、発行者の署名データを持った電子証明書のことです。「???」という方は理解せず設定しても良いのですが、簡単に説明するとサイトを守る鍵のようなものです。

先ほどサーバーに紐づけたドメインで独自ドメインの設定を行います。

承認まで1時間ほど時間がかかるケースもあるので、完了まで少しお待ち下さい。

 

WordPressをインストールする

サーバー側からWordPressをインストールします。

エックスサーバーの場合、「WordPressをインストールする」ボタンがサーバーパネルにあるのでこちらをクリック。

ブログ名などの入力項目を埋めればWordPressのインストールは完了です。

 

WordPressにログインしてみる

先ほどのWordPressインストール完了後にログインURLが表示されます。ここから早速ログインしてみましょう。

WordPressは初めなにもコードやプラグインの入っていない空っぽの状態です。例えるならゲーム機があるけれど、ソフトが入っていない状態ですね。

プログラミングの知識があれば1から構築することも可能ですが、通常のブログ運営なら「WordPressテーマ」という基本のコードが入力されているものを使います。

 

テーマを設定する

テーマには有料と無料の物があります。収益を上げていきたいなら、有料テーマから選ぶほうが良いかと思いますが、まずは操作に慣れるために無料テーマで試してみるのも良いと思います。

ただし無料テーマで「全然わからない!もう嫌だ!」という状況になるのなら、有料テーマに切り替えた方が無難かもしれません。継続しやすい方を選んでいきましょう。

オススメのテーマまとめはこちら

2019年SEO対策に対応!優秀なWordPressテーマまとめ5選!(有料編)

2019年SEO対策に対応!優秀なWordPressテーマまとめ5選!(無料編)

 

ブログ構築の土台作りは完了

以上でブログの土台は出来た状態になります。ここから記事を更新したり、デザインを突き詰めたり、テーマを変えてみたりなど、各々が様々な試行錯誤をしていくことになるでしょう。

ブログ運営に正解は無く、初めから上手くいく人もいれば、なかなか収益化に繋がらず、嫌になるタイミング出てきてしまうかもしれません。

しかし、まずは今できたサイトが今後どのように成長していくのか、ワクワクする気持ちを大切にし、楽しみながら自身のブログ運営していくことをオススメ致します。