検索順位はGoogleの蜘蛛が決めている?クローラーについて解説

検索順位はGoogleの蜘蛛が決めている?クローラーについて解説

良質な記事やコンテンツを作りあげたとしても、検索結果が下の方になってしまえばPV数(閲覧数)はなかなか増えません。
せっかく時間や労力をかけたサイトはできるだけ多くの人に見てもらいたいですよね。

Googleはユーザーが求めている良質なコンテンツを「クローラー」を使って判断しています。

この記事では

  • Google検索順位の仕組み
  • クローラーの巡回を増やす方法

について説明します。

Advertisement

Google検索順位の仕組み

Googleは検索順位を
「サイトの提供しているコンテンツの質」で判断していると言われています。
では、どのようにしてその情報をあつめているのでしょうか。

サイトの情報を集める「クローラー」

ページをWebに公開するとクローラーとよばれるGoogleのロボットが巡回しにきます。
クローラーがページにくるとサイトの情報がGoogleに送られ、データベースに保管されます。
保管されたページ情報を「インデックス」と呼び、このインデックスを基にGoogleが検索順位を判定しているわけです。

クローラーに沢山来てもらう

クローラーは一度にサイトの断片的な情報しか取得できないため、何度もサイトに訪れてもらい、出来るだけ多くのインデックスを登録してもらわなければいけません。

クローラーが何度も訪れ、巡回しやすい対策が必要になります。

Advertisement

クローラーの巡回を増やす方法

「サイトを作ったばかりでまだ他サイトからのリンクがない」というような状況だと、クローラーがサイトを見つけられず、やって来てくれません。

クローラーがサイトをうまく巡回するよう、2つの方法を紹介します。

XMLサイトマップを送信する

サイトマップとは、サイトの構造をまとめたものです。
これをGoogleサーチコンソールから送信することができます。

【送信の手順】
1.ダッシュボードから[サイトマップ]→[サイトマップの追加]
2.サイトマップアドレスの入力

上記の手順でかんたんに送信することができます。
※新しい記事をアップした際にもサーチコンソールからサイトマップを再送信するのがオススメです。

全ページが2クリック以内でアクセスできるように配置する。

TOPページから2クリック以内でたどり着けないページは、クローラーが見つけれずうまく巡回してもらえない可能性があります。
大量の記事を投稿している際にはしっかりカテゴリーやタグでまとめ、わかりやすい構造に配置します。

まとめ

Google検索順位の仕組み
クローラーの巡回を増やす方法

ついて説明しました。

SEOの基礎の部分なので、しっかり覚えておきたいですね。