クッキー(cookie)とは?図を使ってわかりやすく解説【IT・マーケティング用語】

クッキー(cookie)とは?図を使ってわかりやすく解説【IT・マーケティング用語】

クッキー(cookie)とは、インターネットを利用するとブラウザで生成される会員証のようなものです。

アドレスや住所などの自動入力をしたり、Googleなどの検索エンジンではこのcookieを利用して、より興味関心の深い情報をユーザーに届けています。

今回はこのcookieについてわかりやすく図で解説していきます。

 

cookieの仕組みとは

cookieはサイトを訪問するとWebブラウザで作成されます。

cookieが作成されると、ユーザーがもう一度サイトに来た時に「アドレスの入力」などを自動で入力してくれるなど、便利に利用することが可能です。

 

ブラウザって?

ブラウザとはchromeやsafari、Explorerなどのサイトコードを変換するシステムのこと。

普段このブラウザを使ってサイトを閲覧しているんですね。

そしてcookieはこのブラウザで作成され、ユーザーごとに振り分けられています。

ブラウザについて詳しくはこちら

「ブラウザって一体なに?」世界1位のブラウザは?【IT・マーケティング用語】

 

Cookieにはファーストパーティとサードパーティーの2種類がある

実際にユーザーが訪れているドメインから発行されているCookieがファーストパーティで、それ以外のドメインから発行されているものがサードパーティーです。

 

ファーストパーティcookie

実際に見ているサイトで発行されたcookieは「アドレスの入力」や「ログイン情報」を覚えていて、ユーザーが便利にサイトを使えるようにしてくれます。

ユーザーにとってメリットが大きいので活用している人も多いはずです。

 

サードパーティー cookie

実際に見ているサイトとは別のドメインで生成されるcookieのことで、問題視されている仕組みでもあります。

Googleを例に挙げると「複数サイトから横断的にCookieを付与して個人を特定することが可能」です。

例えば、「ダイエット」という言葉で検索をすると、「このユーザーはダイエットに興味がある」とされ、ダイエットの広告がブラウザに表示されるようになります。
このような仕組みはユーザーの個人情報保護の観点から批判されているわけですね。

とはいえ、その広告効果は絶大で広告業界では今もっとも活用されている広告手法です。

このような広告手法は「リターゲティング広告」と呼ばれています。

 

Cookieを生成させないためには?

便利なcookieですが、個人情報を外部に渡すという観点から気になる方も多いため、消したり、そもそも「生成させない方法」をご紹介します。

 

Cookieを消すには?

Cookieはブラウザで生成されているため、

「ブラウザ名 cookie 消し方」と検索すれば、消し方を調べることができます。

ただしCookieを全て消すと、今まで訪れたサイトの情報が消えてしまうので注意してください。

 

Cookieを生成させない

ブラウザに搭載されている「シークレットモード」を利用すれば可能です。

気になる人は常時シークレットモードにすることをおすすめします。

 

chromeでシークレットモードにするには

Windows
[Ctrl]+[Shift]+[N]キーを押す

mac
[command]+[shift]+[N]キーを押す(mac)

 

このような手順でシークレットモードにすることが出来ます。

 

まとめ

いかがでしょうか。

Cookieは便利な反面、情報を取られるということで問題視されることの多い仕組みです。

とはいえユーザーにもメリットの大きいシステムなので、状況にあわせて使い分け、うまくインターネットと付き合っていきたいですね。