ブランドコンテンツ広告とは?Facebookとインスタグラムの新たな施策

ブランドコンテンツ広告とは?Facebookとインスタグラムの新たな施策

こんにちはLibertaの藤岡(@liberta_corp)です。

2019年6月Instagramから「ブランドコンテンツ広告」の提供を開始すると発表がありました。

このブランドコンテンツ広告という新しいサービスについて解説していきたいと思います。

  • ブランドコンテンツ広告のサービス概要
  • 今後期待される運用

 

順に解説していきます。

ブランドコンテンツ広告のサービス概要

ブランドコンテンツ広告を利用したインフルエンサーなどが配信した投稿には「広告」と「XXX(ブランド名)とのタイアップ投稿」という文言が表示されます。

広告主がアプローチ出来ないユーザー領域にも、インフルエンサーを起用することでリーチ出来ることがメリットのようですね。

 

Facebookインサイトで解析できる

Facebookはリスティング広告のツールとしてすでに多くの企業で採用されています。

このブランドコンテンツ広告はFacebookと連携し、Facebook上のインサイトで効果測定が可能です。

  • 「タイアップしたユーザーの投稿」
  • 「タイアップしたユーザー投稿のアクセス解析」
  • 「タイアップしたアカウントの通常投稿のリーチとエンゲージメント」

これらが確認可能で、不適切な投稿や、効果が出ていない広告についてはインフルエンサーへ削除要請することが可能になっています。

 

今後期待される運用

ステルスマーケティングを回避する

現在、消費者にそれが広告とわからないように広告行為を行う「ステルスマーケティング」が問題になっています。それが故意ではなくとも、多くの消費者にプラスのイメージを与えるはずの広告がステルスマーケティングだと揶揄され炎上するケースもあります。

明確に広告投稿であると明確にユーザーに伝えることで、このようなリスクを回避することにつながります。

 

効率的なインフルエンサーマーケティング

ブランドコンテンツ広告タグを利用することで、提携したインフルエンサーの投稿をアナログな方法で解析する手間から解放され、より正確で詳細なデータ解析が可能になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ブランドコンテンツ広告の導入によって、広告主側もインフルエンサーも大きく環境が変わり、効果的な広告効果を出す手法も変化がありそうですね。

この記事が参考になれば幸いです。