離脱率と直帰率の違いについてシンプルに図解!【Googleアナリティクス】

離脱率と直帰率の違いについてシンプルに図解!【Googleアナリティクス】

Googleアナリティクスを利用していて「直帰率」「離脱率」と似たような単語に戸惑っていませんか?Googleアナリティクスのヘルプで調べてみても、概念が難しくなかなか理解しづらいと思います。

そこで本記事では二つの違いについてシンプルに図解してみました。

 

離脱率とは

 

 

離脱率とは、サイトに来たユーザーが「最後に訪れたページ」の割合を表しています。

この図の場合だと、ページCが離脱率の対象です。

離脱率が高いページを調べることで「なぜユーザーが離脱してしまったのか」を推察することができます。

 

直帰率とは

 

 

直帰率とは、ユーザーが最初にサイトに訪れたページかつ離脱したページの割合です。
ページが1枚しかないサイトでは当然「直帰率100%」になります。

直帰率が高いということは、ユーザーが上手くサイトを巡回出来ていない証拠です。
極力少ない数値になるように工夫をしてみましょう。

 

離脱率と直帰率を下げるには

離脱率・直帰率はサイトにとってネガティブな数値です。これらを極力下げるにはユーザーを誘導しサイトを巡回させる仕組みが必要です。

具体的には

  • サイト上部にメニューをつくる
  • 記事の最後に関連記事のリンクを張る
  • CTAボタンを設置する
  • メニューボタンに表記に日本語を使用する(英語は読み飛ばされる)

このような手段が有効です。

 

離脱率と直帰率の重要性

サイトの分析で重要な指標になる離脱率・直帰率ですが、サイトのPV数が少ないうちはあまり参考にしなくとも良い数値です。母数となる「全体のアクセス数」が少ないほど、1ユーザーの行動が及ぼす影響が大きいためですね。

まずはサイトが月間1万PVになることを目指し、その後分析を始めてみてはいかがでしょうか。