ブログの下書きしていますか?私がWordで記事を書き続ける4つの理由

ブログの下書きしていますか?私がWordで記事を書き続ける4つの理由

ブログ記事を書くのにも様々なツールがあり、私も色々試してみた結果今はWordを利用してます。

WordPressを利用している方の中には「直打ち」している方も多いと思うのですが(私も以前そうでした)、今回は私がWordを使ってブログを書く理由を4つご紹介します。

 

ブログをWordで下書きする4つの理由

記事ライティングする作業は細かな作業が続き、意外と心身ともに非常にストレスがかかります。

せっかく書いた記事が消えてしまったり、誤字だらけでリライトに膨大な時間を取られたりなど、様々なトラブルが起きることもあります。

 

すごい精度で校正してくれる

Wordを使うと「てにをは」が間違えていたり、接続詞の被りなどを検出して、誤字脱字を指摘してくれます。

このような形ですね。

また英語のスペルなども自動で正しいものに切り替えてくれるなどの機能もあるので、安心してライティングすることが出来ます。

 

記事がバックアップされる

WordPressでも記事のバックアップを取ってくれるのですが、Wordではより強力なバックアップをしてくれます。

というのも、WordPressはブラウザ上のシステムなので「途中でWi-Fiが切れていた」のようなネット自体に障害がある場合にはバックアップがとれません。

Wordのようなオフラインのツールであればネット環境も関係ないので、より安全なデータ管理が可能です。

 

他社にも納品しやすい(ライターの場合)

Wordはライターの案件を受注した時に、指定されることの多い規格です。

ライターはMac、発注者がWindowsのPCという場合にも対応できるWordが採用されるケースが多いのですね。ブログと平行しながらライター業務を受けるなら、普段からWordの利用にも慣れておいた方が良いかと思います。

 

「書く」ことに集中できる

WordPressではシンプルなタグを使用した、「吹き出し」や「囲み」などのデザインを作ることが出来ます。このデザインと平行してライティングをしていると執筆の軸がブレることがあるんですね。

書くときには「書く」に集中し、あとから「デザイン」したほうが時間効率もよく、私の作業方法としては合っていました。

 

作業はシンプルに段階を分けて行う

ブログ運営は1日だけでなく、数か月~数年の単位で継続しなければならない作業です。このような長い期間では少しの効率改善でも大きく影響が出てしまうのですね。

検討した結果、今はWordで作業をしていますが、それぞれのスタイルに合わせた最も良い方法があるかと思います。私も利用している「Word」も併せて、ぜひ色々な方法を試してみてください。

この記事が参考になれば幸いです。