ブログで集客するメリットと運営は外注化すべき理由

ブログで集客するメリットと運営は外注化すべき理由

こんにちはLibertaの藤岡(@liberta_corp)です。

ブログを使った集客は多くの企業、フリーランスから採用されており、実際に少ない予算から多くの利益を上げる可能性を秘めています。しかし、普段の業務にプラスで「1から勉強して」ブログ運営をするのは非常に危険なことでもあります。

今回はブログで集客するメリットと運営を外注化すべき理由についてご紹介します。

ブログ集客がなぜ強いのか

「Webサイト運営はマーケティングで大切だ」というのは誰しもが何となく理解できることだと思います。しかし、サイトを設立して問い合わせボタンを作った、だけでは当然利益が生まれることはないですよね。

なぜ今「ブログ」で集客が強いのか、順に解説していきます。

 

検索からの集客が見込める

ブログは記事を投稿することで検索ユーザーをサイトに呼び込むことが可能になります。例えば、車を販売するサイトを運営していた場合

  • 「2019年サラリーマンに人気の車種TOP5」
  • 「古い車を売りたい!最も高く売れる乗換時期とは?」

このような車の売買にまつわる記事を投稿することで、ネットの検索から車に興味のあるユーザーを呼び込むことが出来るのです。

 

顧客のリストを作ることが出来る

では、ブログ記事で集めた検索ユーザーをどのように収益化するのでしょうか?

ブログの記事の最後にCTAという「ユーザーに最後のお願い」をする箇所を作ります。このCTAボタンからメールマガジンの登録まで誘導し、見込みの高い顧客をリスト化していくことが可能です。

また、CTAボタンはユーザーが登録したくなるような「無料のコンテンツ」を用意し、登録まで上手く誘導する工夫が必要です。

詳しくはこちら

PV数1万でも稼げる!アフィリブロガーが知らないCTAの意味【概要編】

 

SNSで発信した内容のインデックスが出来る

TwitterやFacebookなどで発信された情報は1日たてば古い情報としてタイムライン上に表示されなくなってしまいます。ブログはそれらの発言を後から見たい場合に非常に適しているのですね。

検索ユーザーはタイムラインなど関係なく「今欲しい情報を検索して」やってきます。SNSや広告で発信した内容を蓄積していくことで、取りこぼしのない情報発信が可能になります。

 

運営は外注化すべき

「ブログを運営したほうが良いのは分かった!早速設立する!」と思って頂けたところで、一度検討してほしいのが、これらの作業を「外注化する」という選択肢です。

なぜなら、ブログの設立から1年以上継続しているブログは全体の10%未満!

実に9割以上のブログが設立された後に脱落しているのです。

 

ブログ運営は長期戦である

なぜブログ脱落者が多いのは「結果が出るまでに半年以上はかかる」というのが大きなポイントになります。

すぐに結果の出ない作業を半年もの間継続するのは精神的・予算的なハードルが高く離脱してしまうケースが多いのですね。

 

大量の記事ライティングが必要

検索からユーザーを連れてくるには50~100記事ほどの大量の記事投稿が必要になります。

理由は3つ

  • 設立したばかりのブログは信用(ドメインパワー)が無いので、ページを増やす
  • 検索ユーザーに見つけてもらう確率を上げる
  • 収益を生んでいる記事のデータを取り、再現する

これらの理由から初期段階に大量の記事を投稿する必要があるのです。通常の業務と平行しながらSEO対策(検索エンジン最適化)された記事を投稿し続けるのは想像以上にハードな作業になります。

 

セールスライティングのスキルが必要

専門的な知識やスキルがあれば、有益なブログ記事を書いてユーザーを集めることは可能です。

しかし、せっかくユーザーを集めても「何かを販売」しないと利益を上げることはできません。集めたユ-ザーにセールス(営業)をして商品を買いたくなるような仕組みが必要です。

残念ながらユーザーのネットリテラシーは非常に高くなっており、同じ商品でも安いサイト、より良いサービスを受けられるサイトを簡単に見つけるようになっています。

このようなユーザーに「このサイトで買いたい」と思ってもらえるような、セールスライティングのスキルが必要なのですね。

 

外注費を回収できるシステムづくりをする

ブログの運営する目的は見込み顧客のリストを作成し「収益」を上げることです。この収益を上げるまでのシステムづくりをすることで、外注費を支払うことが可能です。

例えば、成約1件につき3万円の利益が出る商材の場合だと、最低月に4件以上の成約が出来れば投資として成功します。

この成約までの「道順(システム)」と、費用に対し「月に何件以上の成約が必要なのか」を設定することがWebマーケティングでもっとも重要な視点です。

 

月間PV1万以上あればブログは運営できる

本来、月間PV1万以上あるブログを運営出来れば、収益を上げることは可能です。

ただ、1万PV以上のブログを作るまでに

  • 長期的な時間がかかり、諦めてしまう
  • 大量の記事を投稿する余裕がない
  • 利益が出るシステムを作れない

このようなハードルがあり、収益化まで至らないケースが後を絶ちません。

しかし逆に考えれば、一度このようなブログが運営できれば他業者に対し大きなアドバンテージを得ることが可能ということですね。

もしブログ集客を検討しているなら「外注化」を再度検討しなおしてみてはいかがでしょうか。