ブログが続かない!初心者が続かない理由と3つの対処法

ブログが続かない!初心者が続かない理由と3つの対処法

初心者ブロガーがまずはじめにぶつかる壁に、「ブログを継続させる」というものがあります。

私自身も何度もブログ設立 ⇒ 挫折と繰り返してきました。

今回はその経験を踏まえ、これまでブログが続けられなかった人が継続できるようになる方法についてご紹介します。

なぜブログが続けられないのか

個人ブログを継続させることで一番の壁は、結果までに「膨大な時間が必要」という点です。通常、結果が出てくるまでに半年~1年ほどの時間がかかります。

その上「1年後に◎◎円回収できる!」という明確な予想がつきにくいため、記事をライティングする意義を感じられず、辞めてしまうケースが多いのです。結果が出ないものに自分のリソースを割けないのは当然ですよね。

 

ブログが続かないのは普通のこと

ブログを続けるのは難しいですが、どれくらいのブロガーが継続できているのでしょうか。

実は、初心者ブロガー1年ブログを継続する確率はおよそ10%と言われています。つまり10人中9人がブログを続けることさえ出来ていない状況ということです。

逆に言えば、続けるだけで挑戦者の上位10%に入れるとも言えます。

 

周りよりPV数が少ないのでやめてしまう

周囲のブロガーとPV数や収益の差を比べてしまい、やめてしまうケースがあります。しかし、1日にブログのPV数50があれば全体ブロガーの上位30%です。思ったよりもできそうな数字ではないですか?

周りにスゴイ出来るブロガーさんがいると気になりますが、全体数値でみると実は上位にいた。なんていう考え方もできますね。

 

ブログを続けるために必要な3つのこと

それでは私がブログを継続させるために実際に改善した3つのポイントについてご紹介いたします。

 

1.ブログを開設した目的を考える

ブログを始めた理由がどのような理由でも「何か自分にとって得がある」ため設立されたのだと思います。

この「得になる」部分で、ブログの継続ではカバーできないポイントは下記の2つです。

  • 短期目標:すぐに結果(PV数、収益など)が欲しい
  • 絶対目標:◎月◎日までには◎◎という結果を出さなければならない

もしこのような目的があった場合には、ブログ運営はあまり効果的ではありません。まずは自分が「どんな得があると思って」ブログ運営を始めたのか見当してみましょう。

 

ちなみに

  • 「本業以外に稼げる副業がしたい」
  • 「なんとなく、自分の情報を発信したい」
  • 「自社のブランディングがしたい」

「短期・絶対目標」でなければ、このようなざっくりとした目的でもまずは大丈夫です。

 

2.記事投稿のハードルを下げる

始めたばかりのブログ初心者は、先輩ブロガーや企業ライターのように最初はうまく文章が書けません。

そこでやってしまいがちなのが「自分が満足する記事が書けるまで投稿しない」ということです。

一つの記事ごとに全力投球をしていると必ず疲れてしまい、記事を上げることが億劫になってしまいます。

適度に力を抜く記事を作成するコツは最低限のハードルを設定することです。

最低限のハードルの例

  • ブログのテーマからズレていない
  • タイトル・本文にキーワードが入ってる
  • ◎◎字以上

このように最低限のハードルを設定し、これなら定期的にできそうだというラインを探していきましょう。

 

3.収益目標を設定する

上記の1と2を経過して、継続することに慣れてきたら最後に収益目標を設定します。

「まずは収益目標から決めよう!」という意見もありますが、私はベースが出来ていない初期に収益目標を設定することは逆効果だと思っています。

一番初めにお伝えしたように、ある程度の結果まで半年~1年ほどはかかるため、はじめに「収益」をベンチマークすることで目標まで距離が遠く感じてしまいます。収益を考え始める前段階に、まずは継続という土台を完成させた方が良いでしょう。

アフィリエイトブログの場合、5万を達成するとアフィリエイター全体の上位3割に入り、収益をあげるコツもつかめてきている段階だと思います。

収益を考える段階になれば、まずはこの「5万どうやって生み出すか」という点にコミットしても良いかもしれません。

 

更新が止まってもOK

もし、仕事やプライベートなどで忙しく更新が止まってしまったとしても、実はそこまで大きな問題は発生しません。内容が有益なコンテンツであれば、数年前に書いた記事でも定期的に読者を集めることに成功しています。

また、たとえ数か月ブログ更新がとまってしまったとしても、今まで集めた読者の実績や、ブログ更新のノウハウが消えてしまうわけでもありません。

なかなか継続できないとお悩みであれば、まずは肩をぬいて、ブログとの向き合いかたを変えてみてもよいかもしれませんね。