ブラックハットSEOとは?検索順位が低すぎてサイトが伸びない人に知ってほしいこと

ブラックハットSEOとは?検索順位が低すぎてサイトが伸びない人に知ってほしいこと

検索順位を上げるためには様々な手法があり、企業や個人のブロガーが日夜PV数を挙げようと様々な試みをしていますが、その手法の特徴から、大きくブラックハットとホワイトハットの2種類に分けることができます。

最近の流れでは「ホワイトハットSEOしかない!」というのがトレンドですが、はたしてユーザーを獲得するにはどちらの手法が良いのでしょうか。

今回はブラックハットSEOについて解説していきます。

 

ブラックハットSEOとは

Googleの検索エンジンでは、ユーザーが検索窓に入力した特定のキーワードに最も関連の深いサイトを表示せることが出来ます。この検索結果に上位表示させるサイトの基準はGoogleがシステム上で判断し、優先順位を決めています。

名称 検索ユーザーの利便性 成果までの期間
ブラックハットSEO ユーザーの利便性× 短期間で上位表示できる
ホワイトハットSEO ユーザーの利便性◎ 上位表示には時間と労力がかかる

このGoogleが決めた上位表示させる基準の裏をつき、ユーザーの利便性を考慮しないSEO対策のことをブラックハットSEO、Googleのガイドラインに則りユーザーベースのコンテンツで検索上位を狙うことをホワイトハットSEOと言います。

 

ブラックハットの手法1:被リンクを自演する

Googleではかつて被リンクの多いサイトを「ユーザーが紹介している有益なサイト」と判断し、上位表示させていました。ブラックSEOではこのシステムを利用して、大量の別サイト(100~500サイト)を作り、上位表示させたいサイトの被リンクを貼ります。

このように「大量の被リンクを受けていて有益なサイトだ」とGoogleに誤認させて、上位表示させていたのですね。

 

ブラックハットの手法2:ワードサラダで検索流入を上げる

検索キーワードは記事内に「多ければ多いほど」元のキーワードと関連が深いとされていました。この特徴の裏を突き、ツールで自動生成したテキスト(意味がなくて読めない)を大量に記事化することで、特定キーワ-ドの順位を上げることが出来ました。

この手法をワードサラダと言い、少ない費用・労力で検索順位を上げることに成功していました。

 

ブラックハットを検討するならサイトの目的を考える

このようなブラックハットSEOはGoogleでも問題視され、現在は対策されており簡単には上位表示できないようになっています。しかし今でも多少は効果があり、地道なホワイトハットSEOでなかなか成果の上がらないサイトで実施されたり、主力商品として「被リンク」を進めるマーケティング会社も存在しています。

このようなブラックハットSEOは検討しても良い戦略なのでしょうか。

 

サイトを検索上位にしたい理由を検討する

おそらくウェブサイトを検索上位にしたい理由として「収益を上げる」という目的の方が多いと思いますが「どれくらいの期間」収益を上げるのかを考えるのが大切です。

例えばビジネスのメインサイトでブラックハットSEOを採用した場合、短期間でサイトの順位を高める可能性が高いですが、同時にGoogleのペナルティを受けるリスクもあり、その危険性はGoogleのアップデートで年々高まっています。

長期的なビジネスでブラックハットSEOを採用してしまうと常に「いつペナルティがくるのか」を意識し続けなければならないのですね。

 

今後もブラックハットを検討できるのはトレンドアフィリだけ

ブラックハットSEOを検討する場合には「長期的なリスクは関係なく、出来るだけ早く成果を求める」場合にのみ適応されます。これに適しているのはユーザーの信用度が低くても成り立つ「トレンドアフィリ」だけかと思っています。

トレンドアフィリなら商材を選ばずサイトを作成でき、短期間で1サイト数万円の収益を上げることが可能かと思います。

しかし、どちらにせよ「今後も使えるビジネスモデルでは無い」とハッキリわかってしまっているので導入は慎重に検討したほうが良いかと思います。

 

ブラックハットSEOから学べること

ユーザーの利益を考えず、提供側の利益を追い求めたブラックハットSEOは以前のような勢いをなくしています。

ペナルティを受けたサイトが多数ある以上、これから導入するのは出来るだけ控えた方が良いのが結論ですが、「検索順位をどうやって効率的に上げるか」を考えた結果であるブラックハットSEOの全てが悪いとは思いません。

トレンド変化の激しいWebマーケットでは、常に「サイト流入を増やす方法」は変化し続けています。現時点のサイトの状態、未来のビジョン、最新のSEOトレンドから最適な対策をしていくことが大切ですね。