初心者必見!最初にやるべきGoogleアナリティクスの使い方と目標設定

初心者必見!最初にやるべきGoogleアナリティクスの使い方と目標設定

サイトやブログを開設してアナリティクスの設定が終わったものの
「肝心の使い方がわからない!」という方も多いのではないでしょうか。

この記事では

  • 絶対にやるべきアナリティクスの目標設定
  • 毎日チェックするアナリティクスの2つの機能

についてご紹介します。

絶対にやるべきアナリティクスの目標設定

ビジネスでWebサイトを運営する以上、サイトで到達したい目標(ゴール)が必ず存在します。
しかし、Googleアナリティクスの目標設定は自分で行わなければ未設定のままです。

なぜなら

ECサイト⇒商品購入

オウンドメディア⇒会員情報

などのようにビジネスの形態やサイトの位置づけによって変わるため、自分で設定せざる負えない項目だからです。

目標設定で見れるもの

目標を設定すると

  • 目標を達成したセッション数=CV数
  • 目標を達成した割合=CVR

がわかります。

目標の設定方法

明確なサイトの目標(サイトの存在理由)を決める

ECサイト⇒商品購入してほしい
オウンドメディア⇒会員登録してほしい

などのようにサイトの目的を考えたうえで、訪問したユーザーが最終的にどこにいてほしいのかを考えるとわかりやすかもしれません。

目標地点のURLを調べる(つくる)

アナリティクスのセッション数(ユーザーの訪問数)はページを読み込むことでカウントされています。

なのでユーザーが目標(商品購入や会員登録)を達成した際に表示されるページのURLを目標に設定することで、どれだけの成果が出たのかわかるようになります。
設定用にサンクスページなんかを作るとよいかもしれませんね。

アナリティクス側で目標を設定する

Googleアナリティクスの設定は下記の手順で行えます。

  1. Googleアナリティクスの「管理」(歯車のマーク)をクリック
  2. 新しい目標をクリック
  3. カスタム⇒続行をクリック
  4. 目標名を入力し、タイプ「到達ページ」を選択⇒続行
  5. 目標URLを入力⇒保存

以上で目標設定は完了です。

毎日チェックするアナリティクスの2つの機能

目標設定が完了したら、日々のレポートをチェックします。
ここでは、最低限ですが毎日チェックしておくべきレポートを紹介します。

ユーザー サマリー

ユーザーサマリーではサイトに訪問したユーザーの状況が分かるようになります。

各項目の意味を確認しましょう。

「セッション」

訪問数のこと。デフォルト設定では30分ごとに更新されるので、同じ人が30分後に再度訪問すればセッション数は2になります

「ユーザー」

サイトに訪れたユーザー数のこと。各ユーザーのブラウザcookieで判別しているので、ユーザー側でcookieを削除しない限り正確な数値が補足されています。

「ページビュー」

見られたページの数のこと。1ユーザーが朝と夜に合計10ページを見た場合。

ユーザー1 セッション2 ページビュー10という結果になります。

「直帰率」

ユーザーが1つのセッションの間でほかのページに行かず、そのまま離脱した%のことです。

「新規セッション率」

全てのセッションから新規訪問のユーザーの%がわかります。

 

以上がユーザーサマリーで最低限見るべき項目です。
これらはサイトのパフォーマンスの基礎になる部分ですので、毎日確認し常にサイトの状況を把握するべきでしょう。

目標 サマリー

登録した目標に沿って進捗がわかるサマリーレポートです。
わかる項目は下記の2つ。

目標を達成したセッション数=CV数
目標を達成した割合=CVR

この2つの項目毎日を確認し、数値に異常があれば対策をしていきましょう。

まとめ

アナリティクスはWebサイトのパフォーマンスを測る重要な指標です。
最低限、今回の内容をマスターしておけばサイト状況を把握できるようになっているはずです。

まずは目標に対して毎日の数値を見ることがはじめの第一歩です。
ぜひトライしてみてください。