初心者でも稼げる!高クリック率インフィード広告の設定方法【Googleアドセンス】

初心者でも稼げる!高クリック率インフィード広告の設定方法【Googleアドセンス】

Googleアドセンスの広告タイプにはいくつか種類があります。

今回はその中でもクリック率の高いインフィード広告の設定方法をご紹介します。

Advertisement

インフィード広告って

インフィード広告とはブログの過去記事のアーカイブに紛れ込ませて配置するタイプの広告です。ユーザーから見ると同じブログのコンテンツのようにも見えるのでクリック率が高い広告タイプと言われています。

それでは実際にアドセンスでインフィード広告を作成していきましょう。

Googleアドセンスでインフィード広告を作成する

アドセンスにログインし、広告ユニットの作成ページを開きます。

https://www.google.com/adsense/login

[広告]⇒[広告ユニット]⇒[インフィード広告]をクリック

 

サイトページのURLを入力

広告を表示させたいサイトページのURLを入力すると、サイトのアーカイブに合わせて広告が自動生成されます。1から自作も出来ますが、ここで生成された広告は後から微調整でいるので、1から作成する必要はあまりないのかな?と思いますが、お好みで。

プルダウンの[デスクトップ] or [モバイル]を選択し、[ページをスキャン] をクリックします。

記事のアーカイブを選択する

このようなページになるので、類似させたいアーカイブ記事を選択します。広告のプレビューを確認し、問題がなければ画面右下の次へをクリック。

広告の微調整

サイトデザインに合わせて広告の微調整を行います。

完了したら [保存してコード取得] をクリック。

Advertisement

WordPressで取得したコードを入力する

取得したコードをWordPressで入力します。お使いのWordPressテーマによって設定方法は異なりますが、おそらく、[外観] ⇒ [カスタマイズ] ⇒ [広告]の流れで設定可能です。

 

サイトをPC・モバイル両方でチェックする

インフィード広告はPC・モバイルでのデザイン変化が激しい広告です。お使いのテーマによってはそれぞれ設定しないと広告が表示されないエラーが出る場合もあるので、必ず両方でチェックしましょう

モバイル画面

モバイルでもこのように広告が表示されていれば設定完了です。

 

アドセンス広告はどれだけ読者に見せるかがカギ

広告の基本戦略として見られた数(インプレッション)を多く稼ぐ戦略が有用です。その中でもインフィード広告はブログを回遊しているユーザーへリーチすることに長けています。是非、他の広告と併せて設定をオススメ致します。

記事内のアドセンス広告のオススメ配置についてはこちら

【2019年】初心者がGoogleアドセンスで稼ぐ!効果的な広告の種類と配置【WordPress】

最後までお読み頂きありがとうございます。

この記事が参考になれば幸いです。